The Space Lady’s Greatest Hits (The Space Lady)

音源を聴く前にどうしたってアルバムジャケットを見るのですけれど、これはヤバいんじゃないか?って思ったし、十中八九そう思うもんだろうとも思った。

70年代後半のこと、ひとりの女性がサンフランシスコでアコーディオンと歌の路上パフォーマンスを開始した。しかし、ほどなくしてアコーディオンの盗難に遭ったのをきっかけに、楽器をカシオのシンセサイザーへと持ち替えて、頭にかぶった羽のついたヘルメットをトレードマークに宇宙からの平和と調和のメッセージの伝道師としてまた別の世界観を立ち上げた。ここに本作のヒロインであるスペース・レディが誕生した!
正式なリリースもなく、ほとんどクチコミのみでその存在が語り継がれていき、遂に2000年代になりアウトサイダー・ミュージックの名コンピレーション『SONGS IN THE KEY OF Z』への収録で一躍世界的にも注目を浴びることとなった。その後はJohn Maus(PANDA BEAR、ARIEL PINK)、Erol Alkam(DJ)、Kutmah(DJ)などそうそうたるアンダーグラウンドの最先端ミュージシャン達がミステリアスな存在の彼女にラヴコールを送り、さらにその名は知れ渡っていった。そして遂に、彼女の数少ない録音音源をまとめた本作『THE SPACE LADY’S GREATEST HITS』が登場です!

未だに現役だということで、最近のアルバムというものも出ているらしいですけど、未聴であります。 よってこの最初にリリースされた集大成的なアルバムを。

いや、これは宇宙の平和と調和をもたらすわえ。 間違いなくもたらすわ。 あまりにもチープな音色は、こういうスタイルなんだからデメリットにはなりようがないです。 サイケというよりスペースミュージックです、っていうかなんだこれ。 どいだけスペーシーなんだよ・・・。

オリジナルとおぼしきCD1枚版の他に、2枚組のもあります。 2枚めのはボーナストラック集扱いなんですが、そもそもこのアルバム自体がボーナストラック集みたいなもんでアレなんですけど、その2枚めに 20th Century Fox が収録されていて、これのぶっ飛び具合が宇宙レベルなんでぜひ聴いてほしいです。 巷では(オリジナルの方に収録されている) Born To Be Wild がすごいということですけど、それよりすごい。 ふぉっふぉっふぉっ・・・


デッドリイ・ドライブ(伊藤銀次)

伊藤銀次が、坂本龍一、大貫妙子らの協力を得て、77年にリリースした1stソロ・アルバム。洗練された都会的サウンドは、今なおファンからの支持も厚い。シュガー・ベイブ時代に既に演奏していた「こぬか雨」や、村松邦男との共作曲「Deadly Drive」が収録されていることもあり、ナイアガラ・ファンの愛聴盤でもある。以前CD化された際に未収録だったシングル・ヴァージョンの2曲(「風になれるなら」「デッドリイ・ドライブ」)をボーナス・トラックとして収録。この2曲は初CD化である。ジャケット装丁は77年発売のアナログ盤を丁寧に再現。音もオリジナル・アナログ・マスターに立ち戻り最新機器・技術によるリマスタリングをおこない最高のものを追求。

今は40周年エディション(2枚組)があるので、買うならそっちなのでしょうけど、あくまで(オリジナルの)アルバムとして聴いてみますと、いや、上のレビューもボーナストラックが2曲入ってる体なのでオリジナルの云々はいえないんだけどそれはさておき、思ったよりもアーバンで、こういう感じだったんだぁと驚きもし。

ただ、到達点が見えてこないので聴き流しちゃう。 聴き流しをする、BGMとしては最適なのかもしれませんけど、あの「こぬか雨」は作曲者本人だとこういうアレンジになるんだぁ・・・と、「・・・」がついちゃう印象。

それにしても、いい時期にシティ・ポップのブームがきたなぁと常々感じておりまする。


MY HEART WAVERS (KIM JI-YEON & REVIVAL CROSS)

1974年というと文世光事件があった年で、前年には金大中事件があり、さらにその前の年には戒厳令が敷かれ、韓国はどえらいことになっていたと思うんですけど、それよりどえらいのは、このサイケ歌謡の名盤とされる1枚がこの年に制作され、制作されたものの、実験的すぎるということで(ここいらの評価が時代を感じさせる)プロモーション用に配布されたに留められたということであります。

内容は、まずはスネアの音が古臭く、吹奏楽団ですか?的なところが狂おしく良いです。 当時の韓国の歌謡界がどうであったか知らないのですけど、日本で当てはめると歌謡曲バリバリのアレンジがほどこされており、ストリングスもホーンもチープなエレピもあり、サイケというのには遠からず近からずどっちつかずの印象があり、そっち方面を期待すると肩透かしを食うかもしれません。 また、1曲めがいきなりインストなのに驚くかもしれません。 いや、これは♫恋の奴隷になりましたぁん♫だろ!と期待しててもだめです。 インストなんだから。 でもその後、女性ボーカルが続きますし、最後の方で男性ボーカルも入る。 なんというかもう、腰が抜けちゃう。

韓国語に嫌悪感を抱かないのであれば、このサイトを見てる奇特なみなさんにはオススメできると思うんだよなぁ。

Vinyl LP pressing in gatefold jacket. ‘A Masterpiece that embodies the musical ideals of Hahm Joong-ah as a band leader in the 1970s’. This record is the masterpiece recorded by Hahm Joong-ah, a talented guitarist and composer influenced by Shin Joong- hyun, under the newly-formed project ‘Revival Cross’ following the breakup of his first band, the Golden Grapes. It features vocals by singer Kim Ji-yeon, who was well-known for her collaboration with Shin Joong-hyun’s acid rock unit, the Men. That the record was fronted by a female singer and that the instrumentation features prominent string & reed parts were uncommon for Korean rock bands at the time – this appear to have been influenced by the works of Kim Jung- mi / Lim Ah-young which were produced by Hahm’s mentor, Shin Joong-hyun. The album kicks off with the title tracks driven by a funky rhythm part, ‘My Heart Wavers’ and ‘Please Smile’. Other acid-tinged tracks, such as ‘When Night Falls on the Beach’ and ‘Green Planet’, are hidden treasures that might be referred to as ‘slow psychedelic jams’. In particular, ‘Green Planet’ stands out as one of the very few prog-psychedelic tunes in Korean rock history, and the merits of it’s experimental composition is long overdue for re-appreciation. Because the album was too experimental for the production company’s liking at the time of it’s release in 1974, it was distributed only for promotional use. This has caused the original vinyl press of this title to become one of the most prominent ‘holy grail’ finds for collectors. This record is a must-listen for fans of Shin Joong-hyun’s works and the psychedelia masterpieces of Kim Jung-mi.


日本の「アジール」を訪ねて: 漂泊民の居場所(筒井功)

どこに住み、暮らしたのか。戦後まだ、いたるところで、乞食、サンカ、病者、芸能民、被差別民などの漂泊放浪民が移動生活をおこなっていた。かれらが、社会制度をはなれ、生活のよすがとした洞窟などの拠点「アジール」を全国に訪ね、その暮らしの実態を追うノンフィクション。もうひとつの戦後昭和史の貴重な記録。

なのだから、被差別民の本質をどうとかいうのでなく、あくまでフィールドワークの中で得たルポを示した、ということなのでしょう。 三角寛なんかへの批判についても、伝聞ではありながらも自身のフィールドワークから得た情報を基に推測し、おこなっているわけであり、無闇感はなく、納得のできるところではあります。

しかしながら少なくともこの私自身は外野の人間であり、傍観するだけですから、盲目的に入り込んでどうこうと言うことはできません。 また、こういう流民というものはもうおらず、おったのであったって随分と昔、50年くらい前にはいなくなったそうなんで、そんな昔の話をフィールドワークで掘り起こすという業績はなにはなくとも評価しなければならないかとは思います。

今は便利な時代で、国土地理院の地図が掲載されていれば、それを基にGoogleMapsで探せちゃい、航空写真(衛星写真か)でなんとなく見られちゃうんですもん。 あー今では人家とかそばにあるけど、道も整備されているけど、昔はとんでもないところだったんだろうなぁって推測なんかしながら。


マイクラ日記 149日目 そうだ森の洋館に行こう(番外編)

とても遠かった本拠点から森の洋館までの間。 そこで出会った風景をレポートしますね。

なんてことない波打ち際の写真ですが、実はここでボートが消えました。ボートって間違って消えちゃうことがあるんですね。クラフトできるように木材(があれば作業台もクラフトできるし)を持っていたほうがいいですね

湿地帯は初めて見たかもしれないです
こういう巨大キノコの生え方は珍しいなぁ、って
メサバイオームの、地上に露出した廃坑の線路。今後はここに移動して攻略しようと思います。そもそもこの日記はこれを備忘録にしたくてあげているくらいなので
地中に埋もれるケースが多いとのこと
絶景であります。っていうか、どうなってんだこれ。
亀が並ぶ
海中神殿も普通にある
這い出すのに苦労しました
シロクマさん
これぞ寒暖差の激しい地域
上向いて歩いていたら渓谷に落ちた案件
竹林。パンダはいませんでした。

現場からは以上でーす。