マイクラ日記 190日目 メサバイオームの廃坑その3(その前に2)

前回はピリジャーを誤ってやっつけてしまい、まだ入り込んだことのない村を横切ったがために襲撃イベントが発生してしまった、という私の不始末について記したわけですが、そういえばピリジャーの派遣隊っていうのは村があるとそのそばによく現れる的なことを聞いたことがあります。

おりますなぁ

1枚めのスクショとは違うところの、もう左には村があるじゃんくらいの勢いの近さの山肌に現れたので、ちょっと試してみました。

私が山を登ると彼らも登る
降り始めると「お!?」ってなもんで隊列を組み直す

でも、彼らには彼ら独自の行動パターンがあるみたいで、闇雲に追ってくるのではなさそう。 山を完全に降りきってしまったら、そのスピードやら距離やらがあるのか、見向きもしなくなってあっちに行っちゃいました。

派遣隊のみなさん、もうちょっとです。 もうちょっとしたら村に柵を立てますんで、そうしたら思う存分・・・


マイクラ日記 189日目 メサバイオームの廃坑その3(その前に)

散策中に見つけた廃坑はここメサバイオームに来て3つめのそれで、今回はかなり大規模なようなので、準備万端整えて、というか仮拠点を作ってやっつけたい。 と言いながらあちこちまわっているうちにピリジャーの皆さんを撃退してしまった。

不吉な予感

こんな内容で現地にまいりまーす、的な感じでスクショを撮るも、おそらくこの時点では気にもとめていなかったのであろう、「不吉な予感」を。

廃坑へ行く途中にクリーパーの爆破後があり、そこから洞窟が見えていたので軽く湧き潰しをした上で「後で来よう」の目論見を立てて廃坑へ向かうも、まだ気づいていないようで。

あ、あれ、ピラミッドでねぇか?なんていいながらも気づいていない。

というのも、ここからすぐのところに廃坑があるのですが、さらにそのそばに村があるんです。 しかもこのとき、迂回しながら廃坑に向かっているので、途中で村の横を通り過ぎなければならず、通り過ぎようとしたところで、

襲撃イベントが始まってしまったという。 バカすぎるだろ俺。 急いでそこから離れ、ダッシュで離れ、イベントを解除させたのでありますが、

数日後、村を訪ねてみると、村民がやたら少なくなっている、という。 あぁぁぁぁやってしまったぁぁぁぁ。

ということでまたもや意気消沈してしまったわけですが、気をちょっとでも取り直して今後の方針を立ててみました。 とりあえず廃坑を攻略しよう。 そのときにきっと柵が山ほど入手できると思うので、村をこれで囲おう。 と。

しかし廃坑はやたらにデカく、洞窟にも渓谷にも繋がっており、なかなか村にまで気が回らなくなったのでありました。 これを書いているのは10/15、廃坑の攻略を始めて数日経っており、廃坑はほとんど攻略でき、渓谷に繋がる洞窟の端は塞ぎ、その洞窟の攻略も終わりが見えてきたところ。 渓谷の攻略の前に収穫結果を公開し、その柵で囲おうか、村をだ。


マイクラ日記 188日目 メサバイオームの渓谷その5

散策途中で見つけた渓谷、メサバイオームで5つめの渓谷であります。

かなり奥が深そう。 というか最初にここに来たときに落盤を起こしてしまい一番下まで落っこちてしまったんですよね。 だのでそのときにこさえた地上までの階段が役に立ちました。

どん詰まり、一番下までおりた脇にスペースを設けて仮拠点を作りました。 一番下に拠点をつくり、攻略は上から行うという、ちょっと新しい方法なんですけど、これがけっこういい。 地中に埋まった渓谷だと全貌がわからないのでできない方法ではありますが。

ただ、渓谷自体はそれほど大きくなく、いきなり終わりの図を示してしまいましたけど、あっけないもんでした。 それでも一番下から数カ所、1つの大きめな洞窟への入り口があり、それを楽しんだところ。

途中、スケルトンのスポナーがあり、うほほいと喜んでそこから上に繋がる階段を作るも、この洞窟の別の入口近くにあたってしまい、そこがやたらに敵がおる始末で、軽くボコられながら半泣きで脱出しました。 ほんと半泣きさせられるゲームだわ。

それでもある程度は全域に湧き潰しをするべきだと悟った

この渓谷と洞窟での収穫はこのとおり。 スポナー部屋のチェストがあったのでレコードをゲットできました。 そのうちプレイヤーをクラフトしようかなぁと思ったんですが、私、マイクラは同マシンで音楽を聴きながらプレイしているので・・・。

次も散策途中で見つけた建築物攻略です。 廃坑なんですが、一山ありました(表にも裏にも入り口があった)のでやりがいがありそう。

追記:これを書いているのは10/15で、もう4日くらい攻略しているんですけど渓谷有り洞窟有り隣の山にも廃坑がありで、ぜんぜん終わりません。


マイクラ日記 187日目 猫と修繕

散策した折に猫を発見しました。 しかし何もせずにその場を去ったのでありました。 というのも、その猫は水場に落ちており、地表に上がってこられない状態だったからであります。

その後、散策も終わり、ようやくに魚を手にその水場に戻りました。 ブロックを崩して猫が上がってこられるようにし、そこの反対側に回って猫を追い立てて地表に上げ、その上で魚(鮭)を手にしてじっと待ってるとやってきますんで、そこでやっとこさ魚を与えて与えてなつかせます。 なつかせたらこっちのもの。

ついてきます
本拠地の中にもついてきます
座らせればそこから動きません

ダイヤのツルハシの修繕をしました。 効率強化と耐久のエンチャントがついたツルハシ、そろそろ壊れそうになってまして、この後ちょいと冒険に行くもんですからビシッ!と修繕します。

これを
こうした

ダイヤを4つ使いましたが、そもそもダイヤのツルハシをクラフトするのに必要なのは3つなんで、エンチャントの事も考えるとそんなに無駄遣いっていうほどでもないのかな。 ちょっと価値観が崩壊し始めていますけど。

ということで、散策したおりに見つけたあれこれを攻略しに行ってきます。 まずは渓谷かな。 そして、どいだけの規模だかわからない廃坑、そして(そのころにはバッジも外れるでしょうから)砂漠の村へ。


マイクラ日記 186日目 馬小屋

馬小屋を作り理由というものがあって、ふつうに柵で囲った牧場なんかだと、馬なんていうものは幅2ブロックないと通り抜けられないので都合がたいへんに悪いんです。 それだけの理由なんです。 それだけの理由で馬小屋を別途こさえなくちゃならないという。 建物建てるのはそんなに興味がない私にとっては苦行のうちに入るんですよよよよよ。

とはいえ、作ったほうがいいに違いないんで作ります。 本拠地の向こうを牧場とすると後ろ側、こちらは山を切り崩した崖になってますんで、これをもうちょっと切り崩して馬小屋にします。 向こう6ブロックとか7ブロックとかあればいいんじゃないかな。

で、とりあえず作ったんですけど天井を地表から3層目にしたら、馬が身動き取れなくなっちゃって号泣。

もう一層上げて4ブロック目が天井になるようにしました。 基本は木材を使って、照明は松明とランタン。 床というか地表には干草の俵と、大釜に水を張って、と、すごくオーソドックスにやりました。

と、ここで書いて気づいたんですけど、天井というか屋根を湧き潰しして柵を置かないとならないでした。 この向こう上は崖で、敵さんやって来放題なんですよ。

追記:天井にも柵を設けました

元がこう。 これを

よくよく見てみると、本拠点に接する辺だけ柵を設ければよかったみたい。 というのも、柵のない辺と同様に短い2辺も、そこから落下したとしても本拠点の外に落ちるだけだからです。