ソフトバンクさよなら

去年、私の携帯電話を買い替えた折にそれを SIM フリーのにして MNP して、それまでのキャリアであったソフトバンクから Android 機でお世話になっていた Nifmo に変えたのでありました。

あれから1年、正直言えばときどき 4G が重いことがあるものの、そもそも 4G を使うことは大変に少なく・・・あ、2018/11/05 18:47 にリセットしてからの統計があった!・・・それによると、1年で 5.2GB 使っていたようです。 1ヶ月で 400MB 強の計算になりますが、そんなもんで 4G を使うことは大変に少ないのであります。 だから「**割」みたいに、バッカみたいに通信量(ギガ)を使わせるプランなんか必要ではなく、ホントそういうのは少なくていいから料金の安いのがいいよって話なんですよね。

それと、自宅の食卓はソフトバンクの電波が入らないっていう致命的な問題もありまして、改善要求とかしてみたりはしてたんですけど、ほらもう iPhone 3G の頃から使ってきて、10年とか使ってたのかな、ドコモだと普通に入るんですよ電波。 だもんでドコモ系の格安SIMでいいよなって事になって、経緯は忘れたけど Nifmo にしたんでしたよ。

で、今年、アカネさんの iPhone X が縛りから解き放たれるってんで、SIM ロック解除と MNP 宣言をしたんです。

16日にもろもろの手続きをして、Nifmo は最近になって通話付きSIM の申込みは電話でするようになったので、それといろいろの事情で Android 機を買い換える必要が出てきたのもあって、携帯電話を買うし MNP もするよ、なコースというか手続きにしました、16日に。

結局その携帯電話と SIM カードが届いたのが一昨日(23日)で、なんか・・・かかったんだけど、SIMカードが届いた時間ってのが 17時以降でして、そこから切り替えの申請を(Nifmo に)しても、処理は次の日になるんですよ。 もうこっちは SIM カード入れ替えちゃってさ、あ、切り替え申請しなくちゃだよなって気づいてやったもんだから、いまさらカード刺し戻すのもあれだしなってんで、そのまま寝て、明くる日(昨日)の 10:30 くらいにアカネさんの iPhone もドコモ系になり、ソフバンさんとお別れができたのです。

支払いのあれこれも今年中には済みますし、来年からは支払額が少なくなって嬉しい予定なのでありますよ。


iPhone SE のバッテリーを交換

え?iPhone SEなんて持っていないでしょ?って話なんですが、そうなんです買いました。 4インチの端末はこれまでにiPhone5だの5Sだの持っていたんですけど、バッテリーも交換したんですけどいかんせん使えなくなってしまい、じゃぁってんで現在のところ・・・ちなみにこのエントリーを書いているのは8/13でして、ちょうど1ヶ月前になるのかな・・・最新の4インチ端末であるSEを買ったのであります。 1万ちょっとでした、中古価格で。

そりゃさすがに描画バリバリの処理をさせると悲しいものはありますけど、そうじゃなく、普段遣いであればもうじゅうぶんなんですよね。 小さくて使いやすいし。 私はこれまで仕事の関係で一番大きい画面サイズのを買ってきたんですが、なんでかっていうと仕事の関係の他に、老眼だからっていうのがありまして、いやというかそう言い聞かせてきたのでもありますけれど、実際問題画面サイズはあんまり関係ないんですよね。 どうせ裸眼で見る(メガネ外して見る)し。

ということでSEも仕事の関係で買ったものですが、バッテリーがへばってるので交換することにしました。

82%だってのを新品のバッテリーに換えて100%にしようって案件でぃす

1000円ちょっとで換えられるんであれば換えるんですよね。 でもますます老眼で大変。 とはいえ、なんとか交換。 Android機に刺さったままのSIMカードをこっちに刺して、なんとなくダークモードにして起動! バッテリーチェック!

なんでだ?容量が変わらない。 一度放電させればいいのかな。

追記:いったんバッテリーを使い切って少々放置し、100%まで充電してから最大容量を確認するも、82%のままでした。 もしかしたらある程度の時間経過で再計測になるのかな。


iPhone SE の後継機種(ただし4.0インチとは言っていない)

ということなのであります。 日本経済新聞が報じていますけど、

iPhone廉価版、20年春にも発売へ 米アップル

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49400020U9A900C1MM8000/

会員限定記事なので最初の部分しか読めていないんですが、読める分だけを読んでみても、これがSEの後継機種だとは書いていない。 むしろここで読めるのはXRの後継なんだろうという憶測でしかないないんですよね。 っていうかCNETがですね、

アップル、低価格機種「iPhone SE」の後継製品を2020年春に発売の可能性

https://japan.cnet.com/article/35142224/

すごい微妙な書き方をしていて、記事の後半で液晶のサイズが4.7インチ前後となる見込み、などと、「前後」なんていうどうでもとれる(4.0インチも含まれる)書き方をしていてまして。

そもそも4.0インチのiPhoneが新発売されることはないであろうことは比較的難しくなく予想できるところでありまして、例えば

device_set.plist

こういうプロパティリストファイルを見るより早くにはシミュレータを確認すればいいくらいで、結果を言えばそこに4.0インチサイズの端末は存在しないのであります。

これを知った時点と、手持ちの4.0インチサイズの端末が不調になったのとで私はSEの中古を買ったのですけれども、狂おしくはシミュレータにリストアップされていないにも関わらず、4.0インチの端末は動作するんですよ、次のシステムでも。

買って正解だったのは、システムはもはや4.0インチの液晶サイズではいっぱいいっぱいと申しますか、無理やり突っ込んだ感がパねぇところであり、それを確認できたところであります。

余談ですけど、老眼の私としては大きい端末だろうと小さい端末だろうとメガネを外して見なくてはならないから同じだ的なことを前にこのブログで書きましたが、同じじゃなかったでした。 小さい端末はメガネを外して見てみても、いろいろが小さいや。


Anker PowerWave 7.5 Stand

仕事場では常に携帯電話をスタンドに立てかけてゐる。 いや、いる。 100均で買ったプラスチックのスタンド。 んで携帯電話を使う(というかモンストをする)とき、立てかけられたままの状態で操作をする(というかモンストをする)。 このとき100均のスタンドだとたいへん都合が悪い。 こう、なんていえばいいんだろう、ビョンビョンとなってしまうのだ(←書いててほんとに恥ずかしい)。 ビョンビョンとなってしまうので親指以外の、人差し指から小指までをフル稼働して携帯電話の背中を支えているわけだ。 軽く本末転倒な気がするし。 しかもこのスタンド、あれこれあって3つも買ってあるし。

ビョンビョン禁止ぃ〜!ってことにして、スタンドを買うことにしました。 どんなのがいいかなぁってあれこれ調べていたら、なんのことはない、ワイヤレス充電器のスタンド型のがあるじゃん。

うちの携帯電話(iPhone XS Max ←すごくかっこ悪い名前なので口に出して言いたくないし書きたくもない)、というか前に使ってたiPhone Xですらワイヤレス充電に対応しており、なんと都合がいいんだろうと思いましたし、なんで今になって気づくかなぁって思いもし。 そもそもに電子レンジがない拙宅では、まぁそういう事情なのでまさかにワイヤレス充電器なんてどえらいものを置くことはできず、まぁそういう経緯で気づかなかったんですけどさ。

仕事場では前述のとおりスタンドに立てかけられている携帯電話はLightningケーブルでMacと繋がっており、充電はもちろんのことXcodeでバイナリを転送するのではありますけれども、いまってWiFiでバイナリ転送できるんで、有線ケーブルで必ずしも繋がっている必要というものはないのであり、充電はワイヤレス充電器で済ませるし、いよいよ便利になったのです。

なにせ充電器に立てかけさえすれば携帯電話さん身震いして「充電はじめるよー」ってゆってくれるんだもんいやゆいはしません。 そもそもスタンドとして使えればいいってくらいの当方の勢いなんで、充電スピードもそんなには気にしないです。 しっかりと給電環境を整えればそれなりの速度で充電ができるのだそうですけど…。

(メインの用途がスタンドなんで)願わくば傾きが変えられればいいんだけど、それは甘んじてアレします。 なんか台みたいのに乗せて高さを調整すればいいんじゃないかなって。


Anker Roav Transmitter F0 (FMトランスミッター搭載 24W 2ポート カーチャージャー)

500セットは10%オフの2249円だというので急いで注文したけど、まだ元の値段には戻っていないもよう。 とはいえ2499円の10%オフなんで250円オフなんで、意地になって速攻注文しなくてもいいかなぁとは思いました。

カーチャジャーはiPhoneというものを持ったときから何回も何回も買い替えたものです。 でもこのタイミングでこれを買ったのは、なんといってもFMトランスミッターがついていて、んでこの価格だから。 iPhoneのスピーカーはあんまり使いたくないなぁと思っていたんです。 あと、ハンズフリーで通話ができるらしいけど、この機能は使わない。 通話は停車して端末そのものでやります。 できない状況では通話はしない。

FMトランスミッターは、端末からFMトランスミッターへはBluetoothを、FMトランスミッターからはラジオ(FM信号)を経由します。 もっと手早く言うと、端末からラジオの中継点であります。 双方の設定は非常に簡単で、いちいちあれこれしなくてもよく大変お手軽。 肝心の音質は・・・いいんじゃないでしょうか普通なんじゃないでしょうか、そのへんは全然こだわらないので、よほど悪ければあれですけど、むしろ「おぉ車のスピーカーから音が出てていい感じ」ってくらいです。

安価でとてもコストパフォーマンスがよい商品です。 っていうかドライブしたくなっちゃうくらいの勢いですから。

20181112追記:リペアリングのお知らせが日本語(しかも男性の声)なのがちょっと萎える。女性の英語に変えられないかなぁ。