VMware Fusion のキーボードまわり

以下覚書。

macOS Catalina になってから一層 VMware Fusion を利用しなくてはならない場面が増えてきた。 とくに現在は FlowVPN Connect が Catalina ではまともに機能しない(起動はする)ので、PPTP接続しなくてはならないケースでは SSD に置いた OS X Mavericks の仮想環境を使って処理をすることになる。 んげーめんどい。

ただ、この環境ではデフォルトのキーボードまわりがえらいことになっているので適宜修正しなくてはならない。 2点あって、ひとつはUSキーボードになっちゃってるのをJISキーボードに変更することで、もうひとつは Caps Lock がオンになってしまう件。

USキーボード扱いになっている設定をJISキーボードに変更するのは、その仮想環境を終了した後に設定ファイル(vmxファイル)をテキストエディタで開いて、末尾に

keyboard.vusb.idVendor=0x05AC
keyboard.vusb.idProduct=0x020D

と追記して仮想環境を起動し、確認。

Caps Lock がデフォルトでオンになっているのは、オンになっているというよりもキー機能が逆になっているという解釈なんだそうで、本家に記事がありました。

Fusion が実行されている場合は、仮想マシンで Caps Lock キーの機能が逆になることがあります。
この問題を解決するには、VMware Fusion のメニュー バーで、仮想マシン > キーの送信 > Caps Lock を選択します。これにより、追加の Caps Lock コマンドが仮想マシンに送信され、Mac には送信されず、2 つが同期された状態に戻されます。

https://kb.vmware.com/s/article/1004192?lang=ja

だもんで、Caps Lock がオンになっている状況であれば、

VMware Fusion のメニューバーで、仮想マシン > キーの送信 > Caps Lock

を1回。 手動でオフにしちゃった場合は2回やればいいみたいです。


macOS Catalina 10.15 で launchctl がリムーバルボリュームにアクセスする場合

以下覚書。

Catalina からはディスクあるいはシステムディスクあるいはホームディレクトリの任意のフォルダへアクセスするのに初回だけ許可が必要となり、例えば launchctl で bash を走らせて(zshじゃなくてごめんなさい) rsync を走らせてバックアップを外部ディスクに作る場合なんかにも当てはまる。 チェックがてら launchctl の plist をターミナルで走らせる場合はGUIでターミナルの許可ダイアログが出るけど、本番環境の launchctl はターミナルを経由しないのでどうすればいいんだって話。

システム環境 > セキュリティとプライバシー > プライバシー > フルディスクアクセス

に、plistに記述した起動コマンド(アプリケーション)を登録するといい。

ただこの場合、どこまで登録すればいいのかよくわからんちんなので、上から、というか起動していく順番に登録していけばいいんじゃないかと思われる。 先の例だと launchctl > bash > rsync なので、一番いいのは全部ぶっこむことなんだろうけど、セキュリティを重視するんであればいっこいっこ登録しては試すのが肝要かもしれない。


JBL GO2 Bluetoothスピーカー

PS4につなげようとしてPS4に拒否られたスピーカーがこれなんですが、スピーカーが悪いのではなく、PS4がBluetoothオーディオ機器については異様なくらいにシビアなのが悪いのでした。

よって、普通にMacと繋げようとするならばこんなに容易いことはないわけで、速攻でペアリングし、USBで給電しながら使うという次第です。

JBL GO2という製品は大変に小さく、子供の手のひらに乗るくらいの大きさであり、ほんとに大丈夫なんかなと不安になってしまうくらいなんですが、当方オーディオマニアではなく、音感もありませんので、無理なくそこそこの音量にしても音が割れなければいいんですよっていうくらいの話ですんで、逆にこの大きさで嬉しいくらい。 大きさの割に音は悪くなく、JBLいいじゃん、って。 そういえばBluetoothイヤフォンもJBLのを買ったんだったなぁ。


VMWare Fusion で Photoshop が遅い

結論から書くと、VMware Fusion 7.0 Professional リリースノートに解決策が書いてあった。

OS X 仮想マシン内で実行されていると、Adobe Photoshop の一部の UI 要素が正常に表示されない場合がある。 
回避策:仮想マシンのビデオ ドライバのアクセラレーションを無効にすれば解決できます。実行するには、仮想マシン内の「ターミナル」アプリケーションを開き、次のコマンドを入力します。 
sudo nvram boot-args=’vmw_gfx_caps=0′ 
Enter キーを押して、仮想マシンの管理パスワードを入力します。次に、仮想マシンを再起動します。

https://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/fusion_pubs/fusion-70-release-notes.html

きたる macOS 10.15 Catalina では32ビットアプリケーションが起動しないとのことで、Adobe製品であればCCを使えばいいんですけど、そうじゃないんだCS6が使いやすいんだこれを使いたいんだという場合、そもそもインストーラーからして起動しないもんであきまへん、ということになります。

ただ、Catalina上で起動している仮想環境にインストールすれば、その仮想環境が32ビットアプリケーションの起動を許可しているような古めのシステムであるならば大丈夫だよという話。

この場合、ホストはなんでもいいだろうというか、今から(ベータである)Catalinaできっちり構築するのはどうかと思うし、そもそもCC使えばいい話をそのためだけにあれこれするっていうのは徒労だろうということで(本エントリーは8/24に記しました。公開時にもしかしたらCatalinaが正式リリースされているかもしれません)、Mojave上で検証してみました。

ホスト:Mac mini (Late 2012)
ホストのシステム:macOS Mojave 10.14.6
仮想環境:VMWare Fusion 11.1.1
クライアントのシステム:Mac OS X 10.9.5(メモリ割り当て8GB)

普通に普通にCS6までのインストールは、ばっちりな対応環境であるし、SSD上に仮想環境のディスクを置いてあることもあって、快適そのものであります。 しかしながら、Photoshopが激重であります。 こう、なんというか、なにかしらのアクションの後、いったんアクティブを解除しないと描画反映されない感じ。 全然使い物になりません。

そこで、そのクライアントのシステム、ここではMac OS X 10.9.5でありますが、そこのターミナルを起動して、

sudo nvram boot-args=’vmw_gfx_caps=0′ 

そしてそのままクライアントのシステムを再起動すると、見違えるような、っっっっっっっっていうか本来のきびきびとした動きになり、使い物になるという次第です。 ビデオドライバのアクセラレーションを無効にすると解決する、って、なんというかまぁ。


Transcend SSD 240GB – TS240GSSD220S

内外ともにSSD祭りであり、一体いくつのTranscend製SSDを買ったかわからないくらいではあります。 うちは2台買いました。 240GBの2つ。

1つは Let’s note CF-R7 という大昔のノートパソコン。 (当時としては)とてもコンパクトなノートで、Windows Vista プリインストールなのをきらって XP プリインストールのを買ったような買ったような。 で、XPのままずーっと使い続けてきたんですけど、TSLの関係でもうXPじゃぁねって事になり、7のライセンスが余ってるから(しかもProしかも64bit)、メモリを足して最大値の2GBにして、ドライブはSSDにしようよって事になりました。 ドライブの換装は分解工房様のページを参考にしました。 別段難しいところはなかったのですけれども、防水用のシールが曲者で、剥がしにくいことこの上ないんですよ(剥がすことは想定していないだろうからあたりまえといえばそうなんですけどねぇ)。 あと、タッチパッドの下あたりに位置されているコネクタを「付ける」のが大変だった。 ウキーーーッ!って猿になりながらつなげましたとさ。 で、SSDなんですけど、やっぱり速いです。 CPUが激遅な分をカバーしてくれてます。 会計ソフトを使うだけなんで、一応スペック的には対応してるんで、このままあと数年は頑張ってほしいなぁ。

もう1つはMac mini (Late 2012)。 こないだサーバ落ちしたやつで、業務の都合上TSL1.2に対応しているであろうMavericks(10.9)をインストールしてあるんですが、なにせHDDなんで、もっともっと長く使えるようにSSDに換装。 これも分解工房様のページを参考にし、ネジを1つ「産ませて」無事換装完了。 Macはディスクユーティリティでもってまるっとドライブコピーできるから、正味1時間くらいで全部できちゃった。 そしてSSDは速いですね。 いままでのが何だったんだってくらいに速い。

これでいまのところHDDなのは息子が使ってるiMac 2007なんですけど、これはどうだろう、SSDにする必要はないんじゃないかなぁ。