大老 井伊直弼(羽生 道英)


一生部屋住みとして暮らすか、それとも他家の養子になるか。不遇の日々、学問に傾倒する井伊直弼に突如、転機が訪れた。井伊家世子の死で藩主である兄・直亮の養子になった直弼は、兄の死後、彦根三十五万石を継ぐ。開国に向けて動く直弼は、幕府の期待を担って大老に就任、専制政治を行う。やがて強権的に断行した。「安政の大獄」の反発で尊攘派の怨嗟が…。

この羽生道英という作家さんは伝記物が得意なのかしら。 とそれはさておき、前のエントリーで田沼意次がいい人にされたりわるい人にされたり(極悪人になったり)散々だということを書いたのですけれども、その面で見れば井伊直弼という人もなかなかに散々な言われよう、というか悪い政治家だとされているんですよね。

前に彦根に行ったおりに、地元ではそんなことがないと悪評を払拭したところでありまして、そういったところで考えると吉良上野介なんかもそうらしいですけど、こういった「実は悪い人ではない」的な話を読むのが私は好き。

事実がどうだかはわかりませんけど、この書籍では恨みを買うようなことはすべて長野主膳におしつけることで「なおすけわるくない」ことにしていますけど、存外そういうものかもしれませんしね、話は話としてこれでもいいのかなって思うんですよね。

江戸幕府 最後の改革(高任 和夫)


飢饉や大地震が続き、危機的な経済状況にある天明期の江戸幕府。足軽の子と蔑まれつつ、経済手腕を買われて老中に出世した田沼意次と、借財に喘ぐ下級武士でありながら、狂歌師として、自由な「サラリーマン」生活を謳歌する大田南畝。二人の生き様から、企業人としての武士の懊悩を描いた、本格時代小説。

同じ江戸時代の同じ時期の武士といえどもその格の差で会うこともないだろう2人の主人公をそれぞれの側から話を進めさせ、最後は対面して終わるという、すごく簡単に書くとそうなるんですが、この文庫本で400ページほどのお話をたいへん興味深く読了。

正直私は太田南畝という人を知らず、この書籍を読み進めてみてもさほどに興味を持てなかった。 ですが、話によって善にも悪にも(極悪にも)なる田沼意次が今回はどうなるんでしょう?っていう興味だけで読み始めたところでありまして、だんだんに運のめぐりが悪くなり、息子が死んで自分も没落していくさまが、こう、毎回どんな話を読んでもぐっとくるんでありますなぁ。 っていうかよかった頃のままで終わるのって剣客商売くらいしか知らないぞぅ。

国書偽造(鈴木輝一郎)


時は寛永八年、徳川家光の時代である。対朝鮮外交を一手に握る対馬藩の家老、柳川調興が突然、所領の返還を申し出た。調興の訴えは幕府を揺るがす一大スキャンダルに発展していく。朝鮮王と徳川将軍の間で交わされた国書が対馬藩の中で偽造されたり改竄されたりしていたというのは本当か。そして調興の真意は一体何なのか。…史実を基に大胆な発想で描く時代法延ミステリー。

対馬というのはどこだ、というくらいに東日本というか関東甲信越というか東京か長野県でしか暮らしたことのない私にとって西日本、とくに九州なんていうのは一度は行ってみたいところであるし、その割にはきっと、対馬へは行くことがないだろうなぁと思ったりではあります。

そんな対馬であったお話。 ということで事前知識なく読み始めたのですけれども、いやぁこれが本当ならば江戸時代というのも最初の頃はいろんな人がいたんだなぁと思って。 その実ほんとうにあった話だそうで、「柳川調興」で調べると実在の人で、粗筋のだいたいは事実だったそうで、あたしゃ椅子からずり落ちましたわよ。

マイクラ日記 53日目 廃坑攻略(スポナー多め)


前のエントリーで書いたとおり、廃坑の基本的な進み方(進め方)は、木の柱が4本立っていたりの交差点ではとりあえず進路を土で塞いじゃうのがいいみたい。 なにしろ横面を塞いじゃって、敵が来られないようにしてから考える、と。 なんなら真ん中の1ブロックだけは塞がないで向こう側を見渡せるようにすれば、洞窟グモ以外は入って来られないので、攻略を進めるのが捗る、と。 天井面や床面が抜けているところも土で応急的に塞いじゃうけど、真ん中の1ブロック分だけはガラスを置くと、あとでわかりやすい。

ということでずいぶんと進めてきたんですが、一体どこまで続くのかわからんちん&複雑過ぎて迷子になるなる状態の廃坑ですけど、クモのスポナーに遭遇することが多いです。 それでも洞窟グモの場合、巣が逆に洞窟グモにも邪魔らしく、少しづつ巣をどけてスポナーに近づきつつ、巣のない脇部分は土で埋めつつ、スポナーに行き当たったらツルハシでバシバシバシバシ!って。

洞窟グモだけじゃなくて普通のクモのスポナーにも出会えまして、このときは水源とスポナーの二本立てだったので、周りを掘りつつ近づきつつ(音でなんとなくわかるようになってきた!)、ビンゴ。 普通のクモは横2ブロック分なので、縦方向に1ブロック、少しずつ掘りつつ弓矢でビシビシビシビシ!って。

このスポナーはその奥に廃坑が続いていたりでかなりに複雑な構造になってました。 っていうか逆方向から近づいたからそう見えるだけで、廃坑の逆側から進めてみれば、どん詰まりに近いところに配置されたに過ぎないのかもしれません。

ところでだんだん矢にストックが少なくなってきました。 羽と火打ち石を集めるよりも、なんとかしてスケルトンのスポナーを探したいと思い始めています。

マイクラ日記 52日目 廃坑攻略(チェスト付トロッコと洞窟グモ)


廃坑の攻略は敵モンスターと戦ってわざわざ苦しい思いをするだけではなく、嬉しいこともありますよ。 廃坑には柱として木材とフェンスがたくさんありますのでもう取り放題です。 進みきって戻る際にガツガツとゲットしたいところ。 また、途切れ途切れのレールがあり、これもとれます。 私はまだ使ったことがないのですけど、レールを作るとなるとえらい量の鉄インゴットが必要なので、レールそのものとして得られるのであれば非常に効率がいいのだそうです。 これも木材と一緒にさくさくゲット。

そして、廃坑ならではのアイテムにチェスト付トロッコというものがあります。 単発のトロッコにチェストが乗っかっているもので、中にはそれなりにレアなアイテムが入っていることがあります。 要塞であれ廃坑であれスポナー(スポーンブロック)であれ、そこいらにチェストがあれば喜んでください、手放しで喜びましょう。

廃坑の攻略は敵モンスターと戦ってわざわざ苦しい思いをするほかに、洞窟グモというほんとうに苦しい戦いを強いられるところでもあります。

クモの巣が大量にあるところには、その先におおかた洞窟グモのスポナーがあります。 洞窟グモの大きさは1x1x1ブロック分で、通常のクモが2x1x1ですから、かなり狭いところにもぐいぐい入ってきますし、クモですんで壁だろうとどこだろうと進んでくれます。 あまりに厄介な相手ですんで、スポナーを見つけたらハサミでサクサク巣をどけつつ、スポナーの前でツルハシに、効率強化のダイヤツルハシかなんかでガツガツっと

壊しましょう。 とにかくスポナーの破壊に注力し、破壊したら剣などに持ち替えてスポーンしてしまった洞窟グモの処理をします。 どっちつかずに中途半端にやってると自分がやっつけられます。 洞窟グモは毒もってますから、ハートがどんどん減りますから減りきったところで攻撃されれば一発で死にます。

あと、洞窟グモのスポナーをやる前に、周りをよく見て他の敵が入ってきそうなところは塞いでしまった方がいいです。

ほんとにヤだよ、廃坑ってのはよ。