マイクラ日記 37日目 幸運のエンチャント


やっと幸運のエンチャントが出ましたんで、あわててダイヤ探したり経験値上げたり。

前にも書きましたけど、なんつったってシルクタッチと幸運は必要不可欠なのであります。 どっちが優先されるかといえば、どうなんだろう。 シルクタッチが先にあれば、とりあえずはブロック状態で掘り出して、あとで幸運で、という図式になるんでしょうし、幸運が先に出ればすぐさま現場に持っていくので、シルクタッチはあとでも(必要になるブロックが出たら、くらいで)いいのかな。 だもんで、なにしろ幸運のエンチャントをダイヤのツルハシにつける、というんが最初の最大の課題になるんでしょうなぁ。

捨てエンチャントをすればいいんだろうけど、なんとなくいやでやらなかったんですよね。

効率強化4の幸運3という、ありがたいエンチャント。 さっそくシルクタッチで掘り出したダイヤ鉱石を全部(画像忘れた。22ブロックです。)チェストから持ち出し、外に出ます・

ダイヤの鉱石を持った状態でスニークしたまま下を向き、ジャンプした直後に隙間へダイヤの鉱石を置く。 よく砂利を使って高いところにある鉱石を掘り出すときに使う方法。 これをダイヤの鉱石がある分だけ繰り返す。

幸運のエンチャントがついたツルハシに持ち替えて、ひたすら破壊する。 破壊するたびにY値が下がり、最後は地表に戻ると。

22ブロックの鉱石から52個のアイテムが出たんで、幸運のエンチャントさんありがとうございます!でございます。 これであれもこれもダイヤ製のを作ってエンチャントしてわおわおわおー。

なお、シルクタッチで掘削した際に温存された経験値は、この(実質的に破壊した)ときに取得できます。 だもんで、経験値を上げたいときに幸運のエンチャントを使う、というテモありますね。

マイクラ日記 36日目 洞窟探検向け持ち物


前にも書いたけど、昨日(そういうことにしてください)ブランチマイニング向けのインベントリについて書いたんで、備忘録ついでにエントリー。

洞窟探検とブランチマイニングの大きな差は敵との遭遇率(エンカウント)だと思っています。 ブランチマイニングの際は正直武器系道具は考慮しないんですけど、洞窟探検の場合はめちゃ考慮しなくちゃならないし、っていうか最優先に考えろよ俺。

洞窟に入ったら、進みながら松明を置いて向こうを見渡し、敵がいそうだったら武器を持って、いなさそうだったらまた進んで…という感じなので、デフォルトは松明。 ブランチマイニングのときは左手に松明だったけど、洞窟探検の場合は左手には盾。 それはさておき松明のすぐとなりに武器。 それも、遠距離攻撃できるものがいいだろうということで弓。 あたふた弓を構えてるうちに敵さんが近距離になっちゃった場合、っていうのは私の場合、毎回に近いくらいに頻繁なんで、弓の隣には剣。

そして丸石多め。 たどり終わった道を塞いでしまうため。

そして、洞窟探検では掘削はあまりしないので、ツルハシやらスコップは鉄以上のもの。 ツルハシはダイヤのも用意。

と、そんなこんなかな。

余談ですが、丸石を用意しようとしてたら後ろでクリーパーが爆発を起こし、上にあったおうちの床まで壊してくれました。 この建物は使っていないし、撤去だな。

マイクラ日記 35.5日目 1.14が出たよ(溶鉱炉と燻製器)


Java版の1.14がリリースされました。 さっそくアプリもデータもアップデート。

Java窓が立ち上がった時点でプレイ中のウインドウサイズになるみたいで、スプラッシュがフルスクリーンで表示されました。 また、ワールドの読み込みはパーセンテージ表示の他に、こういう妙な(マイクラっぽい)アニメ表示もつきます。

さて、1.14。 いろんなアップデート内容があるんですけど(略奪者とかそういう余計なやつもいる)、取り急ぎ試したかったのは溶鉱炉と燻製器であります。 (以下余談、これを書いている時点で52日めまでの日記を書き終えて投稿を予約済みです。よってインベントリの中身とかおかしなことになってますけど、あくまで2019/04/24時点のそれであります)

溶鉱炉も燻製器も、かまどのグレードアップ版で、それぞれ特化しているのでありまして、前者が鉱石、後者がお肉などの食料です。

溶鉱炉は鉄インゴット、かまど、そして「滑らかな石」でクラフトできます。 滑らかな石は石を鍛錬します。 石は丸い石を鍛錬するか、シルクタッチで採掘します。 よって、石→(丸石→鍛錬)→鍛錬→滑らかな石、となります。

かまどと比べると、なんか気合が入ったお姿。

溶鉱炉は鉱石に特化しています。 どう特化しているかというと、鍛錬のスピードがかまどに比べて上がっているという。

ただ、注意したいのは、溶鉱炉は鉱石に特化しているのあり、普通の石なんかは鍛錬できないということです。 ですので、かまどはかまどで設置する必要があると申しますか、出番がなくなったわけではありません。

つぎ、燻製器。

燻製器は原木とかまどでクラフトできます。

こう、2×2で並べるとへんだ。

溶鉱炉と同様に鍛錬のスピードが上がっています。 対象は食料だそうです。

私の探検のスタイルゆえかもしれませんが、かまどと燻製器はひとつずつあればいいんじゃないかって気がします。 これに対して溶鉱炉は複数設置してあるべきなのかな、と。 それと、スペース的になにか一つだけ設置したい、というときは、迷わずかまどなんでしょうねえ。

追記:溶鉱炉も燻製器も、鍛錬のスピードは上がりますけどその分得られる経験値は半分になるそうです。

マイクラ日記 35日目 ブランチマイニング向け持ち物


忘れることはないけど、と思いきや数日ぶりにブランチマイニングをしようと(ダイヤが欲しくて)思ったらすっかり忘れていたブランチマイニングのときのインベントリの内容。 ちょっとバージョンアップしてる。

ブランチマイングの場合、敵と遭遇する確率は低めなので、左手に盾を持つ必要は、というか盾を持っていく必要はないです。 それより松明をここに持つと捗る。 右手にツルハシを持って掘り進め、5ブロック向こうの壁に松明を左手でポスっと置く。 とてもいい。

The Poet (Olli Ahvenlahti)


Olli Ahvenlahti はフィンランドのキーボード奏者。 1975年に1stをリリースし、この The Poet は1976年のリリース。 けっこう立て続けのリリースだったんですね。 ちなみに3rdは1985年リリースなのでちょっと間があいていますけれど、この3rdまでの3枚こそが Olli Ahvenlahti であるといっていいかもしれません。 なんなら3枚とも揃えて延々と聴き続けてしまうのがよいかと思われます。

内容はフュージョンであり、ジャズよりのジャズ・ロックであり、ときたまファンクが入って驚いてみたりの上でのラテン・ロックであり、ブラジリアン濃厚っていう感じ。 なんといっても Aura という曲がメロウでもって奥さん、いいんですよ作業BGMに。

アーバンでさ、メロウでさ、いいんですよね。