マイクラ日記 34日目 クモトラップ


クモトラップは、クモのスポナーを発見したから作るのでありまして、わざわざクモのスポナーを探すってことはなくて、なんならスケルトンのスポナーを探したいくらいですよっていう話で、要するにあんまりやる気はなかったり。

というのも、なにしろ効率が悪いんです。 クモは壁を登りますでしょ。 そうするとなかなか屠殺場にやってこないんですよ。 あれ?来ないな?なんて非常口を開けるとたくさんのクモにフルボッコにされたりとかね。 なんだよいるじゃん、もー。 みたいな。

壁を登っちゃうのはハシゴで回避できるそうなんで、ハシゴたくさんこさえてできるだけ壁全面に貼り付けました。 よくあるクモトラップの構築解説には書いていなかったり、コメント欄であぁでもないこぉでもないと議論されたりしてますよね。 Switch版だとハシゴだろうと看板だろうとガンガン登ったような気がする・・・。

ということでよくあるクモトラップの構築方法そのまんまですので、詳細はググってください。 1つめ大きい流れがあって、横に2つめの流れがあって、それと3つめのホッパーに来るまでの流れを同じ高さにしちゃったんで、逆流しちゃったりでうまくいかなかったんですけど、解説どおりに3番めは一段下げて解決しました。

当初はこんなふうに、ちゃんとクモが流れてくるかなーってのを確認できるようにガラス張りにしていたんです。 さっきの逆流のことがあったりで確認できたのはよかったんですけど、いざ完成だっていうときに弊害がでちゃって。 というのは、敵さんはガラス越しに攻撃できるってこと。 そんなのきいてないよー。

ということで完成したっていうのでガラスは壊して丸石で積み直しました。 屠殺場の両脇にハシゴがかけてあるのは、万が一屠殺場に自分自身が落ちちゃった場合に登ってこられるように、です。

クモスポナーのトラップは、スケルトンのが見つかるまでのつなぎってところかな。

その割にはしっかりと処理場っぽくしちゃったけど。

マイクラ日記 33日目 自宅新築(完成お披露目編)


(この間、いろいろあったけど全部端折って)

石のたぐいは磨くことができまして、例えばこの「磨かれた閃緑岩」なんていうもんはきれいなもんですよ(マイクラの世界では)。 これをメインとして壁や床に敷き詰め、ところどころ花崗岩の磨いたやつを置く、というコンセプトで一気にやりました。

磨いた花崗岩は5ブロック間隔で置いて、松明置き場にもします。 チェストだエンチャントテーブルだを置いても相当なスペースが余りますので、

奥は畑にしました。 前に外に作ったのとは違い、できるだけ明かりをとりたいので水源の上はガラスです。 ガラスは砂を鍛錬するとできます。 とてもよいですガラス。 Switch版のときはどこかのパソコンメーカーのショップみたいに全面ガラス張りにしたことがあります。

鍛錬は外でやります。 柵で囲って松明置いて、敵さんが寄ってこないようにしてしてあるんですけど、そもそも早寝するようにしますから!

無意味に3つもドアをつけちゃったりして、ガラス率高めにしちゃったりして。 外面の壁の下側にあるチェストには石系を入れます。 丸石はこれだとあっという間に一杯になっちゃうので、左の家の下に専用の置き場を作ります。

前の家は、放牧場と同じ高さにして整地します。

こんな感じ。 ここも畑にします。

次回はやっとこさ、クモトラップであります。

Homemade Ice Cream (Tony Joe White)


なんか、言い方は悪いんですけど、誰か死ぬとその人の音楽を聴く、というのがよくないようにずっと思ってて。 そんなん、死ぬ前に評価しとけよ聴いとけよ、という次第でありまして、あながち間違ってはいないとは思っているんですけど、そんな肩肘張らないでさ、気楽に生きようよって、最近は思うようになってきたんですよね。

Tony Joe White は去年亡くなった。 へぇーって思ったのは享年75だということで、1943年の生まれだったんですね。 この人の音楽を聴くといつもエルヴィスを連想するんでして、実際エルヴィスがカバーしていることもありますし、あーいかにもエルヴィスが歌いそうな、っていうかエルヴィスみたいだな、っていうくらいになんにしてもエルヴィスを思い出すので、同じくらいの年齢かと思ってたんですよ。 そしたらエルヴィスのほうが8歳も年上だったという。

ルイジアナの音楽好きの家に生まれ、幼少期よりカントリーミュージックやゴスペルに親しんでいたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88

まさにスワンプ・ロックでして、ずーっと私が避けていたジャンル。 どうもじじむさいといいますのか、しけてるといいますのか、どろくさいといいますのか、苦手だったんですよね、若い頃は。 もう若くないので全然聴けちゃいますし、逆に新鮮でね、いいんですよね。 聴いちゃうもん。

ただ、スワンプ・ロックというのはなんとも「ふわっと」した括りだと思いまして、Tony Joe White は軽く逸脱してるといいましょうか、シンガーソングライターですんでそっち寄りですし、アコギが多いので受ける印象がスワンプ・ロックだったりサザンロックのそれとは違うんですよね。

すべてのアルバムを聴いたわけじゃないですけど、デビュー作からこの4th(だったっけか)くらいまではとてもいいです。

マイクラ日記 32日目 自宅新築(準備編)


溶岩の不始末による火災で半焼してしまった自宅。 絶賛不法占拠中だったにもかかわらず失火してしまったこの家を手放すことにしました。 手放すといえば聞こえが悪い。 人様のものじゃないか。

借地契約的に退去時は更地にして返すということでしたので(うそです)、とりあえずはすぐに戻れるようにあれこれとブロックを整理し、チェストに入れるものは入れ、あとで動かすものはそのまま放置しております。

移転先は悩むことなく決めました。 この画像でいうと右に植林地&放牧地があります。 ここは以前に整地にしたときに、真下に1ブロックの隙間を作っておきました。 そこをもう2ブロック削って、高さ3ブロックの横穴式洞窟的なのを作ります。 村のためにとたくさん設置した柵はあとで撤去し、新居の出入口面に設置します。 なにこの妥協感。 夢がない計画だよね。

隙間1ブロックというのはこれ。

断面はこうなってます(空けたらニワトリさんが飛び出してきたので反射的に打撃してしました)。 地表に土、その下に丸石、そして隙間です。

高さ3ブロックになるよう、手前から順に掘削します。

あたりが暗くなるやいなや、設置したベッドで寝ます。 もう速攻で寝てやります。

とりあえず今日はここまで。 先に内枠を掘り、明かりをつけておきました。

こうやって見ると、床にこだわりたくなってきました。 磨いた石、というカテゴリーがありますんで、都合4ブロックの高さに掘って、床面に磨いた石を敷き詰めることにします。

マイクラ日記 31日目 自宅半焼


やらかしてしまった。

村を柵で囲もうと、4スタックくらい柵をこさえ、敷地の周りに設置していたらいつの間にか夜になっていて、急いで帰宅して寝たんです。

起きたら開けっ放しのドアにクリーパーがいて、ワタワタしている間に爆発してくれちゃったんです。

周辺にあったチェストの中身もぶちまけられ、その中にはすくった溶岩が入ったバケツが(たくさん)ありました。

それを回収しつつ、家の壁のメンテナンスをしようとしたら、間違って溶岩を壁にぶちまけてしまい、とどのつまりは

こんがりと焼けてしまった。

リスポーンはこのすぐ後ろなので、急いで散らばったアイテムを回収し、装備するだの近くのチェストにしまっておくだのを繰り返しつつ、

あー!溶岩が際限なく流れて下の畑を襲ってるるるるー! などと騒ぎつつ、振り返ると、

家がー!家がー!燃えているるー!木材部分が燃えているー!ガラスが割れてるー! 本棚がなくなってるー!

急いでバケツの水をかけるも、手遅れ。 燃え移らないように燃えてる木材を破壊したのでありました。 江戸時代みたい。

半焼であります。 脱力してます。

畑も無残に。 あとでなんとかしよう・・・。

もうこの家の復旧は断念せざるを得なそうです。 こいつを直すより他のところに拠点を新築したほうがはやそうだ。

そういえば昔、クモのトラップを作るぞとかゆってた記憶があるけど・・・忘れよう、しばらくは。