ロッキング・オンの時代(橘川幸夫)

ロックがいちばん熱かった時代の記録
70年代と今をつなぐメディア創刊物語

1972年、渋谷陽一、橘川幸夫、岩谷宏、松村雄策の4人の創刊メンバーでスタートした「ロッキング・オン」。レコード会社側からの一方通行の情報を伝えるファンクラブ的音楽雑誌と一線を画し、リスナーがミュージシャンと対等の立場で批評するスタンスで支持を集め、いまや音楽雑誌の一大潮流となった「ロッキング・オン」は、いかなる場から生まれたのか。創刊メンバーの一人である橘川幸夫が、創刊の時期から約十年の歩みを振り返るクロニクル。
ロックがいちばん熱かった時代、70年代カウンターカルチャーの息吹を伝えるノンフィクション。

おそらく誌上での著者の原稿を読んだことはないと思うし、あの岩谷宏(私にとってはJAVAの人)のそれも同じであるのは、1980年代前半に離脱したからだそうで私自身はROをその直後くらいに読み始めたからにほかならない。 それにしても一時期はよく読んだもので、rockin’onもそうだしROCKIN’ON JAPANもそうだしなにしろ本屋で買ってきちゃぁ家に引きこもって一字一句漏らさず読み耽ったものだけれど、今から思えば若さゆえ、であります。 どういうパワーなんだろう、って。 だがしかし、突如として読まなくなったものでして、なんかこういった雑誌で語られるロック(洋邦問わず)に幻滅みたいなものを感じ、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いではありませんが雑誌も読まなくなったといったところであります。 ただ、雑誌というものそのものを読まなくなったのではなく、例えばフルメとか、例えば夜想とかの、オーバーグラウンドじゃない方向に舵を切ったのだろうと今から思えばそうなんですよね。 若いなぁ。

ということなんで、私の知らない創刊時のROならびに著者周辺の問わず語りを読むのは新鮮であり、大変興味深く読了したところであります。


差別と弾圧の事件史(筒井功)

前に時代小説の中で、吉原は傀儡子が由来だという大胆な説を取り入れるのを読んで、そういえば山窩も機嫌は傀儡子だという説を唱えた人がいたなぁと思い出し、著者の最新作を読んでみたのでありました。 それがこれ。

被差別民を中心に差別を受けた十三の事件の真相を追う。的ヶ浜事件、福田村売薬商殺し、洞村移住強要事件、オール・ロマンス事件など

なぜ「洞」集落は父祖の地を追われなければならなかったのか。なぜ香川県から出てきた薬の行商人たちは惨殺されねばならなかったのか。歴史上、差別と被差別にかかわる十二の事件を検証する。

私は足立区生まれなので以下略。 それにししてもあとがきの(文中「これら」とは差別と弾圧に関わる事件を指す)、

書きおわってみて、これらを引き起こしたのは、単なる差別意識というより群集心理ではなかったかとの思いが強く残った。

我が国の昔を点検するよりも、お隣の国の現在なんかを見れば群衆意識の恐ろしさはわかるというものです。 私自身、傀儡子であったり山窩であったりの差別についてが発端でこの書籍を読み始めたんですけれど、それよりもおぞましい(被差別の人々をおぞましいといってるのではありません)この「群集心理」というものにぶち当たってしまい、正直困惑しています。

にしても、いろんな差別があった、と。 それをまずは知り直したかったところです。 上記のとおりで被差別部落だったり朝鮮人差別だったりは日常であったわけですけれど、アイヌであったり山窩であったりというのはよくは知らなかった。

著者の他の著作も読んでみます。


沖田総司 六月は真紅の薔薇(三好徹)

以前に同じ著者による「私説・沖田総司」を読み、沖田総司についてだけの上下巻があるというのであちこちで探してやっとこさ読了。 ちなみにその過程で「土方歳三 戦士の賦」も揃ってしまったので続けて読破。

九歳で試衛館道場に入門、十九歳で代稽古を務め、浪士隊応募から新選組結成へ。幕末の京にあって、殺戮の嵐の中に身を投じて行く若き天才剣士沖田総司の、近藤勇との師弟関係、土方歳三、山南敬助らとの心の交流を軸に、死が日常的であった時代の青春をいきいきと描く。

薄命の人おあいとの淡い恋、尊攘派浪士たちとの死闘、そして池田屋襲撃、喀血………。戊辰戦争での敗退へと続く新選組の興亡の中に、繊細かつリアルなタッチで描き出された美剣士沖田総司の二十五年の短い生涯と、激流の時代に生きた人間の哀しみを見つめた幕末青春時代小説の佳篇。

沖田総司は剣士であり、土方歳三は戦士だと思いました。 前者は剣に生きようとして儚く散ってしまう。 剣に「生きた」とは言いづらく、志半ばで(時代と)病で倒れてしまい、いったいにその青春は何に生きられたのかと、悔いの残りすぎる人生ではなかったかと思うんですよね。

美剣士ってやめてくんねぇか、とは思うけど。

なんといっても戦後までは悪役とされていた新選組。 その時代の中でも子母澤寛による新選組三部作によって後世の時代物の作品に大きな影響と資料を与えたところではありますけれど、そもそも悪役ってなんだよって話では今の今となっては思うところ。

ではありますけど、最初は時代の流れに乗ってえらいことになるも、一度坂道を下り始めるとこれまた極端に落ちてしまう。 その儚さが時代小説にはぴったりなんですよね。


吉原御免状(隆 慶一郎)

宮本武蔵に育てられた青年剣士・松永誠一郎は、師の遺言に従い江戸・吉原に赴く。だが、その地に着くや否や、八方からの夥しい殺気が彼を取り囲んだ。吉原には裏柳生の忍びの群れが跳梁していたのだ。彼らの狙う「神君御免状」とは何か。武蔵はなぜ彼を、この色里へ送ったのか。――吉原成立の秘話、徳川家康影武者説をも織り込んで縦横無尽に展開する、大型剣豪作家初の長編小説。

隆慶一郎という作家さんの著作を初めて読んだのですけれども、時代小説でありながら奇想天外、エンターテイメント性も高く、大変楽しく読了。 他の作品も読んでみたいところ。

傀儡子の一族をもって色街吉原が成立した、というのは大変に興味深く、ただただに奇想天外なだけではないところをじっくりと読ませる手腕はすごいです。 しかも柳生のみなさんが出てきちゃったり、主人公の出生なんかにしても、もうなんともすごいなぁ。


流れの勘蔵 鎌倉河岸捕物控

江戸は秋、瀕死の怪我を負った亮吉が本復に向かい、政次たちはほっと一安心。一方宗五郎ら一行は、当代豊島屋十右衛門の京での本祝言を無事終え帰路に着いていた。そんなある日、板橋宿の御用聞き仁左親分が金座裏を訪ねてきた。板橋宿で分限者や妓楼の子どもばかり狙った拐しが三件起きたが、その一味が江戸へ潜り込んだらしい。政次たちは早速動きだすが、そこに影の探索方「八州方」も参入して…市井の平和を守るため、金座裏の決死の闘いが火ぶたを切る!平成の大ベストセラーシリーズ、ここに感涙の終幕。

そういえば文庫書き下ろし作品というのを読まなくなった。 時代物は相変わらず読んでいるのですけれど、こっちのジャンルのは読まなくなった。

鎌倉河岸捕物控は最初の巻からずっと読んできたものの、いつのまにか買わなくなってしまい、ようように完結するというので慌てて残りを買い揃えたところ。

読了して完結した理由がわかった気がします。