In Full Bloom (Rose Royce)

 amazon 

Rose Royce は前に Stronger The Ever で取り上げて、それにしても Best Love っていう曲はいい!なんで今まで知らなかったんだ!ってハンケチを噛み噛みしたおぼえがあったりなかったりなんですけど、そのアルバムは 1982 年のリリースで、バンドとしての活動っていう意味では結構あとのほうなんですよね。

それにひきかえ In Full Bloom はなんたって 2nd ですから。 1st の Car Wash(有名すぎてあんまり好きになれないでいる)が 1976 年で、この 2nd が 1977 年で、ほんと活動初期なんでして、話によると 1980 年リリースの Golden Touch もいいらしいですけど、そうなっちゃうともうこんがらがっちゃうんでさておいて。

Digitally remastered and expanded edition. Having spent the 1960s redefining R&B through writing/producing most of The Temptations’ hits, Rose Royce would prove to be Norman Whitfield’s most enduring project of the 1970s. 1977’s Rose Royce II: In Full Bloom (Soul #1/Pop #9/UK #18) continued the band’s run of chart hits, with first single ‘Do Your Dance’ (R&B #4/Pop #39/UK #30) giving the album its Funk/Disco centerpiece. Second US single ‘Ooh Boy’ (R&B #3/Pop #72) is quietly assured jazzy soul with a particularly charming lead by Gwen Dickey whilst her performance on the second UK single ‘Wishing On A Star’ (UK #3 and later, R&B #52) helped it become a bona-fide low light classic and was later covered by many artists including The Cover Girls, Randy Crawford and Seal. UK follow up ‘It Makes You Feel like Dancin’ (UK #16) was a perfect balance of the Norman Whitfield funk sound with the more electronic strains of late ‘70s disco and proved the group to be one of the biggest US imports in the UK in 1978. BBR are thrilled to present a newly remastered and expanded edition of In Full Bloom presented in a super jewel case with four added bonus tracks and comprehensive liner notes that include a brand new interview with Gwen ‘Rose’ Dickey.

The Temptations の楽曲に携わってきた Norman Whitfield がモータウンを離れて設立したレーベルに Rose Royce はおったそうで、クレジットを見るとほぼ彼の作品であるんですが、肝心の Wishing on a Star が彼の作品ではなく、彼に非常に親しいとされる Billie Calvin という女性の楽曲なんですねこれ。 不思議なもんではありますけど、よくよく聴けばアルバムの中でこれだけ妙に浮いているっていう。 まずどうしたもんだろうっていう話なんですけど、先の Jennifer Lara の他にもこの曲をカバーしている人はいて、Beyonce だったり Paul Weller だったり、なんともはやでありました。