火の付いた矢

砂漠の村に向かうべく地下通路を掘っています。 上は広大な海なんで地下通路を掘っているっていう言い訳をしつつ、洞窟があれば喜び勇んで攻略しちゃうんですが。

上のスクショは、溶岩湖の先にあった竪穴。 上を向いても真っ暗。 下の溶岩を埋め戻すといよいよ真っ暗となり、クリーパーとかクリーパーとかが落ちてきて阿鼻叫喚地獄になるところであります。

暗いっていうんで松明をつけようと思いつつ、弓矢を引き絞ってみたら周辺が明るくなることに気づき、そのまま上の方に射てみたら、火の付いた矢はそこで燃えつつあたりを明るくするんですね(弓にフレイムのエンチャントがついています)。 とりあえず明り取りだけしておいて、周辺の状況を見る。っていう攻略ができるじゃないですか。

先をおおまかに知りたいときは重宝しますですね。