吉原御免状(隆 慶一郎)

宮本武蔵に育てられた青年剣士・松永誠一郎は、師の遺言に従い江戸・吉原に赴く。だが、その地に着くや否や、八方からの夥しい殺気が彼を取り囲んだ。吉原には裏柳生の忍びの群れが跳梁していたのだ。彼らの狙う「神君御免状」とは何か。武蔵はなぜ彼を、この色里へ送ったのか。――吉原成立の秘話、徳川家康影武者説をも織り込んで縦横無尽に展開する、大型剣豪作家初の長編小説。

隆慶一郎という作家さんの著作を初めて読んだのですけれども、時代小説でありながら奇想天外、エンターテイメント性も高く、大変楽しく読了。 他の作品も読んでみたいところ。

傀儡子の一族をもって色街吉原が成立した、というのは大変に興味深く、ただただに奇想天外なだけではないところをじっくりと読ませる手腕はすごいです。 しかも柳生のみなさんが出てきちゃったり、主人公の出生なんかにしても、もうなんともすごいなぁ。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。