Tightening It Up (Archie Bell & The Drells)

 amazon | yodobashi 

Tightening It Up: The Best of Archie Bell & the Drells illustrates. What it reveals to those that weren’t playing close attention is that the group was one of the first great Philly soul outfits, recording a number of Gamble & Huff’s early songs and providing a training ground for the seminal duo.

Dance Your Troubles Away という 1975 年にリリースされたアルバムがあって、愛聴盤なのではありますけど CD どこにも売っていない(さんざん CD 化されてるのに)っていう、なんか不思議な人たちだなぁ。 というのが長いことの印象でした。

一方、Tighten Up という曲があって、おそらくは YMO のコピーで知ったはずなのですけれども、それが Dance Your Troubles Away の人たちだと知ったのはつい最近のこと。 ちょっと衝撃。

このフルタイムベストは興味深い。 こういうふうに活動の前半(1967 ~ 69)と後半(1975 ~ 79)が明確に分けられるグループは、フルタイムベストで聴くのは結構リスクを背負うものでして、逆に見ればどっちかに限ったベストを初めて手にした際に肌に合わないと感じたときの居心地の悪さはなんとも言えないものがあります。

活動初期は悪くはないんですけど、一本調子の印象がありまして、正直いえば Tighten Up だけ聴ければいいかなっていう感じで、フルタイムベストでは後半のばかり聴きます。 リリースが非常にややこしい人たちではありますが、シングルでいうと 1973 年リリースの Dancing To Your Music あたりからソウルを一歩抜けたグルーブ感といいますかアーバンソウルっぷりが聴いていて和んじゃう。 そしてリリースを重ねてだんだんとディスコに寄っていき・・・ Dance Your Troubles Away ではもう、ジャケット見てみてくださいっていう話に落ち着きます。

Let’s Groove という曲が比較的好きなんだけど、曲の始まりでいきなり喋るスタイルが、あぁこの人達基本的に変わっていないじゃないのさって椅子からずり落ちること確率にして4割なのではありましたとさ。