製錬しときますね

 amazon 

リソースパックを変えてみたら村人がすごいことになった。

ちょっとすいません正気を保てません。

ということでリソースパックを戻し、本拠地のメンテを少しばかり。 ベッドを追加して、屋上菜園から収穫した小麦をちょっと村人に放ったんだけど、なんでパンじゃなかった俺? まださっきのショックを引きずってる?

スナイパー対決を制しました。 50ブロックってかなり遠いよね。

と、そういうことで、森の洋館攻略の準備はちょっとおいといて、製錬しきれていない鉱物がすごく多くなってしまい、明らかな在庫過多になってしまったんで、自動製錬器を増やして放置することにしました・・・一晩。

製錬後のインゴットは一番下のラージチェストに蓄えられ、これがオーバーフローすることはない(一番上の供給元がラージチェストなんだから当然)んですけど、ブロック化してもしてもしきれないくらいなのです。 銅なんて使いみちないしなぁ私の場合。

溶岩入りバケツもどえらい用意しとかなくてはならず、終盤に差し掛かったのでネザーに行って汲んでくることもなかったんですけど、8チェスト分をいっぱいにするのにこんなに必要でしたバケツ。

その後ちゃんとパンを与え、村人が増えました。

なのでまたリソースパックを変えて、シェーダーをカマしてみました。 トラウマになっちゃうよ、もう。

自動製錬に戻りますと、一番上の供給元のラージチェストはすべて中身が空になりましたんでいったん撤去。 ホッパーの中身を直接操作し、燃料の残りを見ながらバランスよくちまちま製錬。

ホッパーも撤去。

鉱物の製錬が終わっても燃料がまだ残ってましたんで、砂を製錬しておきます。

そしてすべての製錬が完了。

かまどをアイテム化して中に残ってる経験値オーブを回収。 これ、きたる 1.19 では使えなくなるそうなんで。

66 から 130 になりましたレベルが。

敷地内の樹木をシラカバに変更しつつ、それらの間隔を1ブロック狭めました。 っていうか露天掘り会場でさんざん植えてるのに、わざわざここでもやらなくてもいいかなぁっていう話ですけども。

得に得たレベルは、弓の修繕と、エンチャント本の作成に費やしました。

さぁて森の洋館へ。