VMWare Fusion で Photoshop が遅い

結論から書くと、VMware Fusion 7.0 Professional リリースノートに解決策が書いてあった。

OS X 仮想マシン内で実行されていると、Adobe Photoshop の一部の UI 要素が正常に表示されない場合がある。 
回避策:仮想マシンのビデオ ドライバのアクセラレーションを無効にすれば解決できます。実行するには、仮想マシン内の「ターミナル」アプリケーションを開き、次のコマンドを入力します。 
sudo nvram boot-args=’vmw_gfx_caps=0′ 
Enter キーを押して、仮想マシンの管理パスワードを入力します。次に、仮想マシンを再起動します。

https://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/fusion_pubs/fusion-70-release-notes.html

きたる macOS 10.15 Catalina では32ビットアプリケーションが起動しないとのことで、Adobe製品であればCCを使えばいいんですけど、そうじゃないんだCS6が使いやすいんだこれを使いたいんだという場合、そもそもインストーラーからして起動しないもんであきまへん、ということになります。

ただ、Catalina上で起動している仮想環境にインストールすれば、その仮想環境が32ビットアプリケーションの起動を許可しているような古めのシステムであるならば大丈夫だよという話。

この場合、ホストはなんでもいいだろうというか、今から(ベータである)Catalinaできっちり構築するのはどうかと思うし、そもそもCC使えばいい話をそのためだけにあれこれするっていうのは徒労だろうということで(本エントリーは8/24に記しました。公開時にもしかしたらCatalinaが正式リリースされているかもしれません)、Mojave上で検証してみました。

ホスト:Mac mini (Late 2012)
ホストのシステム:macOS Mojave 10.14.6
仮想環境:VMWare Fusion 11.1.1
クライアントのシステム:Mac OS X 10.9.5(メモリ割り当て8GB)

普通に普通にCS6までのインストールは、ばっちりな対応環境であるし、SSD上に仮想環境のディスクを置いてあることもあって、快適そのものであります。 しかしながら、Photoshopが激重であります。 こう、なんというか、なにかしらのアクションの後、いったんアクティブを解除しないと描画反映されない感じ。 全然使い物になりません。

そこで、そのクライアントのシステム、ここではMac OS X 10.9.5でありますが、そこのターミナルを起動して、

sudo nvram boot-args=’vmw_gfx_caps=0′ 

そしてそのままクライアントのシステムを再起動すると、見違えるような、っっっっっっっっていうか本来のきびきびとした動きになり、使い物になるという次第です。 ビデオドライバのアクセラレーションを無効にすると解決する、って、なんというかまぁ。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。