映画・フィルム

神の天秤

久しぶりに韓流ドラマを見た。 それにしてもボックス高いねぇ。 1枚4200円ですよ。

法曹界を舞台にした新感覚サスペンスドラマ。検事を目指すジュナは恋人ウンジと幸せな日々を過ごしていた。一方、有名検事の父を持つウビンは数回の失敗を 経て司法試験に合格する。そんなある日、彼は不運な事故によって一人の女性を死なせてしまう。罪を隠し通すことにした彼は奇しくも司法研修院でジュナと出 会い、友情を交わすようになるが…。

ウビンさん、最初はそれになりにやんちゃな好青年だったのが、事故をきっかけにどんどんどんどん、どんどこどんどこ悪人面になるのが「悪人面同好会」の私としては興味深いのなんのって。 多少追い詰められるもまた盛り返す時のあの「せせら笑う」表情がワルでやんす。 いや~悪い表情しちゃうんだねぇ。

内容は、正直そんなに「新感覚」とはいえなそうで、よくある韓流ドラマという感じ。 もうこの位の設定じゃぁ驚かないし。 ただ残念なのが終盤。 畳み掛けるようなストーリーの帰結はいいんだけど、詰めていないのが明白で、要所要所だけを押さえておきました感が強いです。 ケツを合わせてなんとかまとめました♪みたいなやりきれなさが残るんですよねぇ。

キム・ユミさんが素敵。

神の天秤 はコメントを受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。