森の洋館の地下を露天掘り Y:-6

 amazon 

露天掘り Y:-6 であります。

右奥の繁茂の洞窟は高低差が激しく、そのせいもあって段々になってるところも多いのですが、そこからちょっと延びたところを一応は確認したく進んでみたら丸石が。 そう、スポナーでした。 しかもスケルトンの。 これはとっといてもしかしたらトラップを(久しぶりに)作るかも。

同じく右奥の空間にかけるガラスの壁も、いよいよその角部分が洞窟に達しました。 意図せずスポーンした敵モンスターに襲われないよう、遠目から確認しつつ、確実にガラスを置きます。

こちらは左手前に新たに出現した晶洞。 これも全貌を晒す予定です。

掘った下のブロックが描画されないのは不具合であり、1.19.1 で直ったか(これを書いているのは 8/2 で、とっくにリリースされていますけど、OptiFine の対応待ち)どうかっていうところなんですけど、こうやって掘ったブロックが残っているのであれば、そこにはブロックがあるよっていうことなので、以下略。

2つ目の晶洞。 随分と顕になりました。

底部分まで達しましたので、この層で作業は完了となります。

一般的にイメージされる晶洞であります(規模は桁違いだけど)。

スクショを撮ったら粛々と採掘し、

跡形もなくなる。

ということで Y:-6 も完了です。 が、縦断していないですね繁茂の洞窟。 お詫びして訂正しまする〜。