Best of Friends of Distinction (The Friends of Distinction)

 amazon 

This 20-track compilation contains classic R&B tracks recorded by Friends of Distinction from 1968 through 1973. Featured are such successful singles as “Going in Circles” and “Grazing in the Grass,” as well as other F.O.D. hits still played on oldies and black A/C stations across the country. Other highlights include some of the band’s outstanding covers including Edgar Winter’s “Dying to Live,” Lennon/McCartney’s “And I Love Him” and Jerry Butler’s “Down I Go.”

ここのところのヘビーローテーション。 他にもいろいろ携帯電話には入れてあるんだけど、こればっかり聴ききながら寝ています。

The Friends of Distinction はアメリカのボーカルグループで、男女二人ずつの四人編成。 60年代後半から70年代中盤までの活動中に何枚ものアルバムを出していますが、だいたいは活動初期に集中しています。

黒人編成のソウルなボーカルグループっていうと、昔だったら黒汁(この言い方もどうかと思いますけど)に代表されるくどくうざくあつい雰囲気を予想しちゃいますけど、この人達はそういうことはなくて、なにしろこのベスト盤のジャケットがいいんですよね。 こういう感じなの。 軽快で爽やか、キュートでポップなのは奇跡かもしれません。

本来ならばオリジナルアルバムを揃えてじっくり聴きたいところなんですが、このベストで満足しちゃってなんか申し訳ない思い。

私は最初のヒットである Grazing In The Grass の B 面の I Really Hope You Do が好き。 YouTube のリンクは随分最近のっぽいけど、ライブ。 上手だねぇこの人たちは。