露天掘り、Y:45(その1)

 amazon 

粛々と露天掘りをこなすのでありますが。 作業自体は単調で、まったくブログ向きではないのですけれども、私自身が個人的に大大大好きなんで。 もうずっとやってられるくらい。 でも最近、首筋がなんか痛い。 肩こりらしいけど、絶対原因のほとんどがマイクラだと思う露天掘りだと思う。

忘れがちだからこうやって書きますですが、壁際や十文字を掘る前に、四辺中央のはしごをかけるところの周辺と四隅を縦3ブロック掘り、はしごをかけるところから実際には始めています。

四辺を掘るときには結構な割合で会場外への誘惑(洞窟)がありますから、すぐに行き止まりになりそうなら攻略しちゃうものの、そうではなさげならばドアをつけて周囲に松明を置いて後で攻略するようにします。 この際、現在の層よりも若干下であっても、今のうちにっていう気持ちで先回りしてドア設置をします。 これは主にクリーパー対策。 こういう状況では気がついた直後にクリーパー爆発っていうことが非常に多く、そうなるとなんか気持ちが萎えちゃう。 露天掘りにおいてはなるべくクリーパーは爆発させたくないです・・・普段も爆発させたくないけど。

会場外に通じる渓谷は、縦 6 ブロックごとに湧き潰しをしまして、そこから延びる洞窟は攻略します。 というのもの、以前会場外の洞窟をかなりの割合で攻略済みなんで、渓谷経由で延びる洞窟はさほど多くないと見込んでいるためです。 よって上にように攻略済みの松明が見えたりしますんで、こういう場合はこれをもって行き止まりとします。 なんあら丸石で壁作ってしまうこともあります。