溶岩湖(たぶんそう)

前回、ブランチマイニングの外周から聞こえる溶岩の音を頼りに渓谷を(再)発見したものの、溶岩湖そのものはなく、その周辺を探し直してみるべく散策したのでありました。 村の周りは砂漠で、というか砂漠に包まれた感じで突き出されたサバンナの先っちょが村だったようで、見渡すところ、砂、砂。 あるいは海、海。

それでもところどころ空洞があり、ちょっと崩せばボロボロ落下してしまうであろう大量の砂に手を付けず、行けそうなところから潜るのであります。

廃坑の残骸があるということは、そうとう広域に渡っている廃坑なのだったっちゅーことでもあり、毎度おなじみの渓谷だ廃坑だ洞窟だ、であり、わくわくするやらうんざりするやら。

いったんブランチマイニングの会場というか外周まで戻り、掘り上げることにしました。 まぁ、聞こえるくらいだから溶岩はすぐそばにあり、

先程の洞窟がすぐでもありました。 なんやなんや。

埋戻しをしやすいよう、周囲の石を採掘すると、表面的にはさほど広い溶岩湖ではありませんでした。 先にいうと、ここからすごく長かった。

相当量の砂を扱うことになるので、効率強化のエンチャントがついたスコップを作ります。

溶岩の埋戻しはほんとに単純な作業で、大量の砂を持ち運び、できうるかぎり溶岩を埋めます。 んでスコップでどんどん掘り返すんですけど、一層ずつ、薄皮を剥がすかのように(という表現でいいのかな?)掘り返すんです。 そうじゃないと予想もしないところから隠れた溶岩が流れてきますから。

埋め戻しが終わり、眺めてみるとほんとに思うのは、溶岩湖は洞窟だっていうこと。 そもそもそういうものでもありますしね。

こっちは洞窟。 二体のエンダーマンがこっち向いてる。

それと、この洞窟には化石もありました。 っていうかなかなか広かったです溶岩湖にまして洞窟も。

またまたピリジャーが湧いたけど、今回は放置。 このあと別の洞窟やら溶岩湖やらを攻略しました。