Exposed / Valerie Simpson (Valerie Simpson)

 amazon 

Digitally remastered two-fer containing a pair of rare Motown solo albums by the legendary songwriter/producer and recording artist Valerie Simpson. Originally issued in 1971 and 1972 respectively, Exposed and the self-titled Valerie Simpson have been out of print on CD for almost a decade. As part of the creative duo with her husband, the late Nick Ashford, Valerie’s work as a songwriter and producer was at the forefront during her tenure with Motown from 1967-1972. Remastering by Alan Wilson of Western Star Studios, artwork by Roger Williams and notes by Charles Waring with additional comments by SoulMusic.com founder David Nathan, who has been interviewing Valerie since 1972.

2 in 1であります。 Ashford & Simpson の Simpson と申し上げたほうがはやいのか、Valerie Simpson ご本人のソロ作という意識で聴いたことがなかったものながらも Ashford & Simpson は1枚も持っていないことに今気づいたりで。

ファンクでありソウルである歌手の Ashford & Simpson はそれ以前にやっぱり Ashford & Simpson で、

チームとしては、ニックが主に作詞を、ヴァレリーさんが主に作曲をしていたのですよね?
「はい、ほとんどの曲がそのパターンでした」

https://www.udiscovermusic.jp/stories/interview-with-valerie-simpson

スタジオ録音盤でピアノを弾いているのに違和感があったんですけど、そうなんですね作曲は Valerie Simpson の担当なんですね、っていうか Nickolas Ashford は作詞担当だったのか、って。 ちょっとした衝撃。 Chaka Khan の I’m Every Woman は Ashford & Simpson の手によるものだとは有名なところですけど、作曲は Valerie Simpson だったのかよ、と、衝撃の余韻がすごいすごい。

天才なんじゃないかこの人、っていろんな意味で。