Tinderbox (Siouxsie and the Banshees)

 amazon | yodobashi 

どこかのレビューでバンシーズはギタリストに恵まれなかったと書かれていて、反面さまざま有能なギタリストが行き来したことがバンシーズらしさとなった、あるいはバンシーズらしさを醸し出してきたとあり、言い得て妙だと思ったものです。

Juju における John McGeoch がその到達点を定め(そして倒れて消え去り)、後進者はエピゴーネンと化してしまったのは一見皮肉でもありそうですけれど、この Tinderbox (1986年リリース)で John Valentine Carruthers がそのサウンドをさらにカラフルに仕上げ、私個人としてはバンドのピークはここだったと思います。

なにしろ捨て曲がなく、思ったほど今聴いても古くなく、ときより聴き直してしまう1枚。

2009 digitally remastered and expanded digipak edition of this classic Banshees album from 1986 featuring four bonus tracks including the Extended Version of ‘Cities In Dust’ and three previously unreleased tracks: the Chris Kimsey version of ‘Sweetest Chill’ and the JVC versions of ‘Starcrossed Lovers’ and ‘Song From The Edge of the World’. Siouxsie & The Banshees began life as a Punk outfit (with Sid Vicious on drums, no less!) before mutating into Post-Punkers on their way to becoming one of the most influential Goth Rock band on the scene. To this day, over 10 years after their disintegration, the band’s fanatical fan base continues to grow. Universal.