マインクラフト,  続マイクラ日記

Trying To Get To You (Tan Tan)

高中正義のバック・コーラス等で注目を集めた実力派女性シンガー、TAN TAN(大空はるみ)が1978年に発表したアメリカ録音のソロ・アルバムが待望の初CD化! シティ・ポップ・ファンはもちろん、AOR~アダルト・コンテンポラリー・ファンもマストの一枚。

Rajie か Tan Tan か、っていうくらいのサディスティクスでのゲストボーカル(Fay away〜熱い風、ですよ!)としての存在感がすごくて、Rajie はその後ソロ作を聴き漁ったものですけれども Tan Tan はついぞ聴かずじまいで随分と経ってしまっていて、ちょっと聴いてみようかと腰を上げるも、どうもソロ作は(カバー主体ということもあるのか)今ひとつのような気がして更に随分と経ってしまって。

ご本人は1998年に亡くなられたそうで、そんなの今頃知って「そうなのかぁ」だなんて思って、もう一度聴き直してみましたら、Tan Tan名義のこの3rdがいいんでした。

やれコケティッシュだなんだと言われてますけど私はそういうふうには聴けず、もともとはジャズやラテンを歌ってたこともあり、残念ながら YouTube にはないんですけど、Carole Bayer Sager と Melissa Manchester のカバー「Better Days」なんてとてもいいんですよね。

Trying To Get To You (Tan Tan) はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。