音楽

There’s No Hole In My Soul (Barry Goldberg Reunion, The)

Barry Goldberg というキーボード奏者については、Electric Flag に在籍していたくらいしか記憶になく、っていうか Electric Flag 自体がアレすぎるもんでますます印象が薄い、と。

その Electric Flag が崩壊してしまった直後に制作されたソロがこれ(1968年リリース)で、バンド名義。 ジャケットの雰囲気どおりにサイケ風味がありますけれども、あくまでもブルース・ロック。 でも時代が時代なんでまとまり感がなくてとっちらかったるせいで、どの曲が好きかでリスナー自身の傾向がわかってしまうのでもあり。

Electric Flag の ‎A Long Time Comin’ にも収録されていますが、私はこれが好き。 もうどうしようもないワウ・ギターがいいんだよねぇ。

There’s No Hole In My Soul (Barry Goldberg Reunion, The) はコメントを受け付けていません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。