音楽

Thoughts (Zyma)

Zyma はドイツのバンドで、当初はハードロックをやっていたらしいんですけど、音源として残っているものはプログレ然としています。 シンフォニックなジャズ・ロックという体。

ただ、聴くほどにシンフォニックの要素が含まれているとか、ジャズ・ロック的なアプローチがあったりとか、ジャーマンらしいへんてこりんさがあったりとか、不要と思える叫び声やSEなんかがわかるんですが、そもそもにしょっぱなが男女のコーラスによるMBP っぽいハーモニーから始まるので相当に面食らいます。 かな、って思ったら展開が Magma っぽくなり、油断も隙もない。 そして次の曲はカンタベリーっぽかったりと、話によると自主制作盤らしい本作は、1978年のリリースということでちょっとノスタルジーっぽさを隠せませんけれどもなかなかの内容であります。

Thoughts (Zyma) はコメントを受け付けていません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。