音楽

Pungent Effulgent (Ozric Tentacles)

Ozric Tentacles も息の長いバンドでありますが、バンド自身のアルバムは2015年にリリースされたのが最新で、ここのところサイドプロジェクトがわらわらと活動しているようですねぇ。

Brandi Wynne というベーシストが好きなんですけど、よくよく思い出してみると、よくよく思い出せないっていう話でして、それなりに好きで聴いているバンドながら、その歴史的なものを全然知らず、そもそも男性のベーシストじゃなかったっけ?このバンド、みたいな感じなんですよ。

追記:その「男性のベーシスト」は、バンドの首謀者であるところの Ed Wynne の実弟 Roly Wynne でした。 Brandi Wynne はその後ありとあらゆるメンバーが出入りして唯一のオリジナルメンバーとなった Ed の奥さんだそうな。

バンドの首謀者 Ed Wynne がなにしろ仕切るこのバンドは、80年代中盤のメディア(カセットテープ)デビューから一貫してブレず、それもあたりまえでいろんなジャンルをグチュっと集めてトロトロと溶かして彼らならではの色に染めてしまうのであります。 ワタシ的にみてみると、Gong や HawkWind あたりのスペースロックの直系で、なにせギター弾きまくりであります。 Discogsにもこうあります。

English progressive rock/space rock band founded in 1983 in Somerset. They fused jazz-rock, hard-rock and acid-rock into an energetic, slick, variegated sound to produce a synthesis that sounded both ambitious and natural.

https://www.discogs.com/ja/artist/17419-Ozric-Tentacles

35年もやっていればそりゃそうだと思いますけど、なにせ独自流通を貫く本来の意味でのインディペンデントなリリーススタイルですもんで、たいへんにおびただしいリリース量なんであります。 ちょっと追いきれませんです。

ベースがまだ奥さんじゃない

私が最初にバンドを知ったのはこの曲「Kick Muck」を聴いてからで、なんというスペースさなのよって椅子からずり落ちたもんですが、おそらくスタジオ録音盤としての初出は1989年リリースの「Pungent Effulgent」なんじゃないでしょうか。 なにしろこれを最初に聴いて、ダメだと思ったらダメだと思いますよ。 聴く人を選ぶバンドなんだよねぇ。

Pungent Effulgent (Ozric Tentacles) はコメントを受け付けていません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。