音楽

Love & Unity

こないだ Sandra Cross のエントリーを書いた最後で Love & Unity のことにちょっとだけ触れ、その後あれこれ調べてみたんですが、結局よくわからなかった。 っていうか後述するコンピがあるので書庫から出してきて解説読めばいいんでしょうけど、その「書庫から出す」っていうのがたいへんな作業で、ついつい億劫になってしまってるもんですから以下略。

そもそもに Love & Unity を知ったのは、例の有名なラヴァーズロック系コンピ「RELAXIN’ WITH LOVERS」からで、少なくともその時 Sandra Cross のことは知らなかったっていうくらい。 そのコンピは3枚めのそれで、「STUDIO 16 LOVERS ROCK COLLECTIONS」と銘打たれている。 Studio 16 というロンドンのレーベルからリリースされた音源からのコンピレーションで、かつ、Love & Unity は Discogs を見ると Studio 16 からしかリリースがないっていう。

で、その Discogs によると ヴァージョンはさておき

  • I Just Don’t Care
  • Put It On
  • I Adore You
  • Can’t Let You Go

しかリリース作品がなく、しかもこれらは先の RELAXIN’ WITH LOVERS Vol.3 にすべて収録されているんですよ。 だからこれを買えば Love & Unity は押さえられるっていう寸法。

話によると Love & Unity は Sandra Cross 自身が在籍していて、っていうか Sandra Cross そのもので、これに(ラヴァーズ・ロック的に)ゴージャスなアレンジが施されている体。 リリース年を眺めてみると、Love & Unity は 1980 年にリリースが集中しており、Sandra Cross のソロデビュー前だということがわかります。 っていうか Wild Bunch よりも前だったっていうね。 だもんで Ariwa よりも前には Studio 16 におったっていうことになるんですね。 人に歴史ありだねぇ。

Sandra Cross のオリジナルよりいいんだよなぁ。

Love & Unity はコメントを受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。