マインクラフト,  続マイクラ日記

続マイクラ日記 33日目 馬をてなづける

村の周辺を攻略して平和を取り戻そうとあくせすしている朝、行商人が。 ただ、ラマを引き連れていない。 ソロ活動まっただなかのもよう。

ふと横を見るとリードと肉のようなものが落ちている。 すなわち、夜の間にスポーンした敵Mobにやられてしまったのだろう、行商人のラマは。

やったぜリードをゲットだぜ。 ということで村周辺の和平を果たしたし、村の周辺で馬を見かけたこともありますので、村の柵の内側に馬を引き連れることにします。

っていうか村のすぐそばにおったわい

馬は、(これは他の動物のいくつかもそうだけど)リードを使って引き連れる、乗って手懐ける、鞍をつけて操縦するといろいろできて、リードを使うのはいつでもできるものの、鞍をつけるには手懐けなければならないです。

なんか順番がおかしいけど、とりあえず乗ってみます。 素手ですと乗れます。 でも振り落とされます。 何度か繰り返すとハートマークが出て、手懐けられたことがわかります。

そしてここでリードをつけるという不可解さ
リードは柵につけることができ、これで逃亡を防げます

鞍をつけて云々のスクリーンショットがないんだけど、なにしろ鞍をつけられ、これによってまともに騎乗することができます。

追記:スクショありました

なお、馬は柵2ブロックのスペースがないと通り抜けられません。

そのうち騎乗での遠出や馬の繁殖をしますね。

続マイクラ日記 33日目 馬をてなづける はコメントを受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。