マイクラ日記 124日目 サバンナの村(地下になんかおるよ編)


なにしろ柵で囲っているサバンナの村であります。 敷地内をそれなりに湧き潰ししておけば、夜もある程度は作業できる(できるだけしないように努めますが)のでありまして、実際にやってみましたら柵の向こうにゾンビだゾンビだスケルトンだがうろうろしてて、近づくとスケルトンに矢を放たれたり、それこそクリーパーの近くにおると柵ごと爆破されてしまうので、できるだけ夜は活動しないってもんです。

真夜中なのに水場の近くでニートがうろついている

とはいえ、前にも書きましたとおり、近くの山肌に滝が流れていて、そこから洞窟が続いているらしく、近寄るとうぉーうぉーうるさいし、はたまた村の中にある家のそばを通りかかると地下からうぉーうぉーうるさいし。

ということで逐一調べることにしました。

山肌の滝
洞窟に続いている
ニワトリが紛れ込んでいる

溶岩が流れていたりですが、そんなに規模も大きくなく、すぐに踏破できちゃいました。 モンスターもそれなりにおりました。

次、村の家の地下。 一番うぉーうぉーうるさいところを定め、階段状に地下に潜っていきますが、

埒があかず、四方数ブロックの広間を作って四辺を幅1ブロックで掘り進めてみますと、

洞窟に繋がりました。 スケルトンおるおる。

別の所にはおなじみのアレが

ゾンビのスポナーもありまして、チェストの中がそこそこおいしかったんですけど、ここってそれなりに深く、ここからゾンビの声が地上に聞こえたとは思えないんですよね。 しかも制圧してるのに上の方からうぉーうぉーゆっとるし。

洞窟を踏破してから、帰りの穴塞ぎがてら、唸り声を頼りにあちこちを掘ってみまして、底砂の海に達してえらいことになったりしましたが、地面の直下にどこへも通じていないスペースがあり、ここにクモとゾンビがおりまして、どうやらうぉーうぉーゆっとるもとはここだったようです。 さくっと制圧し、念のために土の下に丸石を敷き詰めておきました。

と、そんなこんなで村の整備は完了かな。 どうにも革細工職人が多い村なんで、エンドポータルのショートカット拠点で牛さんをあれして革を集めておき、ここへ持ってきて交易しようと思います。 あ、それと、この間に、村の家でベッドがないところには完備させ、ニートのためにいろんな台を設置しときましたんで、少なくとも1ニートは職を得ている模様。 交易に幅が出てる模様ぅぅぅ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。