暗殺春秋(半村良)


研ぎ師の勝蔵は剣の師匠・奥山孫右衛門に見込まれ暗殺者の裏稼業を持つようになる。九寸五分の匕首で次々に悪党を消していく中で、次第に現れる闇の権力者・大御所一橋治済の影。治済と老中・青山忠裕の陰の争いに巻き込まれていく勝蔵もまた、いつしか殺しの悦楽にはまり、のっぴきならなくなっていく…。

半村良は好きだけど、時代物が少ない。 江戸群盗伝くらいしかない、とお嘆きの諸兄、ありますここに、暗殺物が。

半村良のいいのは台詞回しで、余韻がとても気持ちいんです。 特に女性の。 今回も主人公勝蔵の妻、おけいの台詞回しがいいんでして、こういったところを読みたいから半村良を読むのでありまして、あの・・・申し訳ないんですけどあんまりSFものとかは食指が伸びない・・・

相変わらず話のテンポもよくて、あっというまに読めちゃうのもいいですし、じっくり読むと意外に(といっては失礼か)読み応えもある。 不思議な作家さんですよねぇ。

このお話でも一橋がそうとうなワルにされてますけど、ここ数エントリーにわたって申し上げている「ワルとされる人もその人側からみればそんなことはない」説を念頭に読んでみると、味わい深いもんです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。