The Elektra Years (Bread)


ちなみにこのボックスは持っていない。 でも、この価格でボックスで全アルバム網羅できるなら、ベストを買うこともないし、一枚一枚買い揃えることも必要ないんじゃないだろうか。 っていうのはさておき、

しきい値というものがあります、 境になるところっていいますか、閾(いき・しきい)は敷居にも通じるそうで、まぁ境目というか。

私にとってロック閾はもしかしたらこの Bread なんじゃないかって思ってます。 Bread はとりあえず有名なのは If って曲であり

いやはや名曲中の名曲であります。 ちなみに 3rd に収録されておりまして、Bread 自体が時としてソフトロックの範疇に含ませる流れがあるようですが、ちょっとこれは無理があるような気がして。 確かにソフトロック的な面もありますけど、それ一辺倒ではなく、ポップナンバーの多いバンドっていうのが正解なんじゃないかな。 「ハード」なロックの逆としての「ソフト」なロックというんだったらわかりますけど、なんにせよそんな感じでして、これよりもロックに振れると私としては遠慮してしまう。 そんなロック閾をいったりきたしている印象があるのが、私から見た(聴いた)Bread なんであります。

ボックスには収録されていますけど再結成後の 6th を最近聴くに及び、もしかして Bread ってこれが一番いいんでねぇが?って思っちゃった私はそれまで、ファンには今ひとつ(らしくないそうで)の評判の 1st が愛聴盤だったんです。

その中でも好きなのが Could I っていう曲で、ちょっとひねくれた感じがイギリスっぽくていいんですよね。 おサイケだし。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。