書籍

電子音楽 In The(Lost)World

『電子音楽 in JAPAN』のスタッフが贈る、未来派、ミュージック・コンクレート、電子音楽、シンセサイザー音楽、ノベルティ盤、テクノポップ、ジョン・ケージからサンプリングまで電子技術を駆使した世界の音楽を記録した「レコード芸術」1600余枚を、初めて1冊にまとめたオールカラー・ガイド。

電子音楽 in Japanを読んだ折、こういうディスクガイドがあればいいなぁって思ってたけど、その刊行から4年ほどで出ていたんでありました。 しかも今から見れば(ガイドの刊行は)10年も前だったという。

こういう書籍は資料として持っていたところではあります。

ちなみに昨今の私は電子音楽についてはさほどに縁が近いわけでもなく、さりとてさりとてではあるんですけど、とくに目を引いたのは電子音楽ではなくて、これ

Linda Carriereをボーカルに据えて細野晴臣がプロデュースして山下達郎らが楽曲を提供して、結局お蔵入りになってしまったという、でもプロモ盤は出していたからこうやって(1曲だけだけど)聴くことができる、幻の一枚。 すごいAORさだw ボーカルもそんなに貧弱じゃないと思うんだけどなぁ、いつか発売して欲しいなぁ。 今だったらちょっとは売れるんじゃないかなぁ。

電子音楽 In The(Lost)World はコメントを受け付けていません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。