音楽

Terra Firma (Test Dept)

Test Dept(Test Department)って、最後にピリオドがつくのかつかないのかよくわかんないので、それと今や公式サイトではつけていないっぽいので、ここでもつけないでおこうかなって事です。

やれインダストリアルだノイバウテンへのアドバンテージだなんだと言われたTest Deptも、改めて聴き直すとやっぱりそうだった訳ですけど、私自身はノイバウテンよりもメタルパーカッション的にこっちの方が全然好き。 こう、匿名性が強いのも好き。

などと、基本的に20年くらい前の記憶で書いていますので、詳しく知りたければググって下さいであります。 そういえばあれですよね、ノイバウテンはドイツでしょ。 SPKはオーストラリアでしょ。 Test Deptはイギリスなんですよね。 アメリカって無いんだなぁ・・・と思い巡らしてみたら、ありましたありましたMissing Foundationがぁ!

(メタル)パーカッションで有名なTest Deptでありますが、私が一番好きなのは、そういう一般的なTest Deptのイメージから一番逸脱しているんじゃないかと思われるTerra Firmaであります。 これ、凶暴性はなくて、やたら音楽的。 バグパイプの音から始まるって事でやたらとイギリスちっくなんでして、曲によってはケルトだったりとすごいすごい。 Test Deptじゃないって言っても全然通じるんですよねぇ。

特に好きなのがCurrent Affairsという曲。 きりきり刻むリズムにピアノとオーケストレーションが重なって、ちょっと映画のサントラっぽいです。

それにしたってこれのどこがTest Deptだよ、って事ですよ。

Terra Firma (Test Dept) はコメントを受け付けていません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。