BONES ―骨は語る― シーズン11

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマ第11シーズンのBOX。退職し、家庭中心の生活を送っていたブースとブレナン。ある日、ブースの遺体が見つかったという知らせが入り、ブレナンは彼に何があったのか突き止めようとする。全22話を収録。

恐らくはDVDを借りてまで観る海外ドラマはこれだけになってしまったような気がして、じゃぁこれまでどんな海外ドラマ(DVDを借りてまで観るもの)を経てきたのかと問われれば、忘れた。

たまに思い出すのであろう。 だけんどもデフォルトでこれしか思いつかないし、大変時たまにツタヤなんか行っちゃった折には・・・(パーソン・オブ・インタレストはDVDでは観なかったけど良いドラマでした)・・・私なんざツタヤカードを失効しちゃって久しいもんですから、はたまたディスカスも休会しております手前上、あるいはまた、ネットでガンガン観られる系とか全然入っていませんし、とも言いますのもここ数年忙しくてまとめてドラマ観る時間がないのであります故、自然、こんな体たらくなんですよ。

なのにこのボーンズだけはそんな「海外ドラマ観ている時間ないあたし」になんとか融通をきかせてもらい、かつアカネとテレビで被らないよう、かつ息子とテレビで被らないよう、あーうっせー俺が観てえもんは俺が観てえ時に観るんだよ的な強制を発動して、こないだやっとこさシーズン11を観たのではありました。

シーズンの最後で、次のシーズンに無理やり繋げようとする脚本のあり方は如何なものかって毎回毎回思ってきたけど、今回もそうで、あーこれはもうね、お家芸なんだねって軽くスルーですよ。 ただ、「あ!***じゃないか!?」って盛り上がりはした(その直後、しこのシーズンの最終話だと気付いて落胆余りあるものがありまくり余った)。

と、そんなこんなでボーンズさんは次のシーズン12で幕を閉じるのだそう。 「ネタバレ」サイトで先の***がなんで++++なのかとかってのはわかっちゃうんだけど、それもインターネットな時代なのよね。 甘んじて許そうや。

関係ないけど、今日、ジャーマン・ロックの雄である CAN のドラマーが肺炎をこじらせて亡くなったそうな。 海外ドラマとドラマーと掛けてみました。 おあとがよろしいようで。


CAN DVD

先ずアマゾンの2リンクについてですけど、ひとつはDVD*2、CD*1のいわゆるデラックス版、もうひとつがCDのついていないDVD*2のスタンダード版。 リージョンコードはデラックス版が2(PAL / 字幕は英語とフランス語)、スタンダード版が1(NTSC / 字幕は英語)。 日本は2なので(1は主にアメリカ)、自然買うとなればデラックス版になるんでしょうなぁ。 ちなみに本家のSpoon Recordsではデラックス版が$49.98で、スタンダード版が$22.98となっており、なにしろアマゾンで注文するのがいいんでしょうなぁ。

なんてなことをもう数年来、年末になると考えてた。 欲しいんだけど、どっちにするべぇって悩んで、なーんか情報が乏しくて決め手に欠けるよなぁ・・・今年は買うのやめるかぁ、なんてな感じになっちゃってねぇ。

そしたらこれ、デラックス版もそうですけどスタンダード版もとっくに廃盤で、在庫のみだっていうもんですから、さぁて困ったそんな2016年ですよ。

で、注文した。 意表をついてMute Recordsでスタンダード版を。 だって£11.99で、送料が£2.41、合わせて£14.40なんですもの。 2000円ちょっとなんですよ。 だったらスタンダード版で充分だと。 ちなみに廃盤になったかどうかはわかんないでした。 且つ、PAL形式だったなぁ。 いよいよわけがわからんちん。

ちなみに私はこのDVDの元になった「CAN BOOK」を持っております。

There has hardly been another band that has left such a lasting influence on the landscape of rock as the German group CAN. This book is not a new biography, but a very subjective attempt at a reconstruction: a puzzle made up of interviews, analysis, articles and facts that have, until now, been known only to those close to CAN.

こういう感じの書籍とVHSテープが1本という、さすがに今では廃盤に決まってるもんでありまして、その実現在は本のみの販売がされています。

このVHSテープの内容にあれやこれや追加して体裁を整えたのが「CAN DVD」っていうわけです。 完全無欠にファン向けで、まさかこれを買ってCANを知ろうなんて人はいないでしょうし、いたら全力で阻止したいところ。 Future Daysを買いましょうって話です。

おそらくはCANの映像作品は本家から出ないんじゃないかって思います。 CANといえばモノクロのZDFドイツのスタジオライブが有名ですけど、あぁいう非常に程度の良いダモ期のソースはDVD化されないんでしょうなぁ。


ユーズド・カー

監督のロバート・ゼメキスと言えばバック・トゥ・ザ・フューチャーであり、スピルバーグもこの映画に関わっているとなればどうしたってバック・トゥ・ザ・フューチャーであり、バック・トゥ・ザ・フューチャーの香りが既にあるかなないかな?ってなもんで観たもんだ、息子(小2)と。 1980年の作品。

息子が「こんなにおっぱいが出ててもいいの?」と心配になるくらい、前半戦は唐突におっぱい祭りが開催され、それがやたらにアッパーでしつこいもんだから、私も息子も大爆笑であります。 ちなみに息子はまだ電波ジャックを理解できていないみたいで、なんとかWiFiで例えてみるも撃沈の父ではありました。

カート・ラッセルについてはこれまで、全くと申し上げてよいほどに意識してみたことはないのですけれど、ことこの作品に関してのカート君は口八丁手八丁、いい加減で大変なキャラクターでありつつ、どういうわけか議員の座を狙うという立ち位置のよくわかんない(アメリカンコメディーらしいといえばらしい)主人公で、トークの暴走っぷりが突き抜けていてこれだけでも見る価値があります。 私にとってはこういうキャラは、あの故ジョブスに通じるものがあると感じ、アメリカのセールスマンはどいつもこいつもこんなふうなんだろうなって信じこんでおります。

ちなみにオーナーの娘役(バーバラ)のデボラ・ハーモンさんはこの映画で初めてみたんですけど、ほかに出演作があんまりないみたいですねぇ。 キュートでヤンキーガールでよろしいですな。

爆走!250台の中古車軍団!若き日のロバート・ゼメキスがおくるハチャメチャ痛快コメディ!

アリゾナ州フェニックス。中古車ディーラーの敏腕セールスマン、ルディ(K・ラッセル)は、今日も強引な手法で道を挟んだ向かいの店から客を奪い、クルマを売りつけた。心臓に病を抱えるオーナーのルーク(J・ウォーデン)に、ルディはあと1万ドルで上院議員の補欠になれると語る。一方もうひとつのディーラーのオーナー、ロイ(J・ウォーデン・二役)は、ルークの双子の弟でハイウェイの開発計画を知り、何としてでもルークの店を潰し、土地を手にしようと画策していた。

ある日、ルークが心臓発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまう。困ったルディたちはルークがバカンスに出かけていることにし、CMジャックをしたり、色っぽいお姉ちゃんたちを並べたりとロイの店に破天荒なセールス合戦をしかけていく。そんな時、コミューンに行ったまま10年間音信普通だったルークの娘、バーバラが帰ってくる。ルークの死は隠しとおせるのか?そして上院議員になるルディの野望は?

後に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を大ヒットさせるスピルバーグ、ゼメキスのコンビによる傑作コメディ…


007 スペクター

メキシコでの休暇中に起こした不祥事により、全ての任務からはずされたボンド。Mの監視から逃れ単独でローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の未亡人であるルチア・スキアラと出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは新国家保安センターの新しいトップ、マックス・デンビーがボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニーやQの協力を得ながら、スペクター解明の手がかりとなるかもしれないボンドの旧敵、ホワイトの娘マドレーヌ・スワンを追う。死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる――。

レア・セドゥ目当てで観たと申し上げても過言ではないいや過言で、タイトルが「スペクター」だったら絶対に映画館で観なくちゃならないと固く心に決めていたものの、スケジュールの都合で行けなかった。 ので、DVDで観ることに。

なにせレア・セドゥ目当てなのでいやそうとばかりは言えないんだけど、スペクターが(また)出てくるっていうくらいの事前知識しかない状態で観始めて、オープニングでM(前作でのM)やヴェスパー(エヴァ・グリーンも素敵だったなぁ)が登場するのを確認し、すごくヤな予感がしました。 これって集大成的な作品なんじゃないか、ダニエル・クレイグのボンドはこれで終わりなんじゃないかって。

ネタバレになっちゃうかも知れないですけど、ダニエル・ボンドの作品群はすべてスペクターが絡んでいたという予想外のストーリーだった、と。

それはさておきシャーロック・ホームズやボーンズでおなじみのアンドリュー・スコットが出てきちゃうのはどうかと思いましたが、女王陛下の007をはじめとした過去の作品へのオマージュがふんだんに散りばめられているあたりは非常に見応えがあり、反面前半部分は話の筋が掴みづらいという不満があったにせよ、全般的にみて大変おもしろかったです。 二時間半弱という長丁場ながら、一気に観られたもの。

ともあれ、ダニエル・ボンドは今作で(MI6を)引退してしもうて、しかもマドレーヌとアストンマーチンに乗ってどっかに行っちゃったってんですからどうしましょう。 次作はどうなるのかしらん。


はじまりのうた

ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。

久しぶりにDVDを観たような気がして調べてみたら、エントリーしたのは「シュトルム・ウント・ドランクッ」以来という驚愕の事実が。 これ去年の8月じゃんっていう。 そもそもブログの更新ペースをおとしたっていうのもあるけど、引っ越しの準備で積んであるDVDをしまっちゃったままっていう事もあったんですよね。 まぁそれでも観ましたよこれを。

そもそもはこれがキーラ・ナイトレイの新作だったとかそういうのは全然知らず、音楽ものの映画でなかなかいいよっていう評判をきいたからでありまして、だから「プライドと偏見」なんかも観ていなくて、っていうか最近の映画はほんと観ないようになってて、そもそも…(振り出しに戻る)

ネタバレになってしまうのがヤなので書けることが少ないけど、音楽ものの映画なので、サントラがいい。 マルーン5やっぱり聴かなくちゃならないのかなーって思うくらい、収録曲が素敵。 実はこの点をとても気にしていて、好きじゃないジャンルだったらヤだぞおい!と思ってたんですよね。 でもよかった。 それだけでこの映画を見る価値はある。

残念ながらニューヨークに行ったことがないので、舞台となるこの都市の様相云々っていうのはよくわからない。 でも、街中をスタジオに仕立ててアルバムを録音しちゃう(オーバーダブなしで)っていうアイデアがすごい魔法を生んでいるのがよくわかる。 特に最後の(ルーフトップの)はすごいなぁ。

そうそう、ネタバレはヤなんだけど、日常に戻るという観点から、この映画はハッピーエンドであります。