音楽

Give Me Your Love (Sylvia Striplin)

ノーマン・コナーズ率いるアクエリアン・ドリーム所属後、ロイ・エアーズが指揮するエイティーズ・レディースのヴォーカリストとして活躍したシルヴィア・ストリプリンが1983年、当時ロイが主宰していた“Uno Melodic” から発表した唯一のソロ・アルバム。ジュニア・マフィア f/ ビギー“Get Money”でのキュートなイントロ部分のモロ使いで一躍知られた「You Can’t Turn Me Away」、アーマンド・ヴァン・ヘルデン f/ コモンの“Full Moon”がハウス/ ヒップホップ双方のリスナーからウケまくった「Give Me Your Love」他、収録。

タイトルトラックはそりゃ有名なんだけど、このアルバムには捨て曲というものが一切ない。 1981年リリースということで、マイケル・ジャクソンの「Off The Wall」と同じ頃なのかなって思って調べてみたら、あっちは1979年だとのこと。 ぱっと聴き(1曲めね)似た感じのサウンドで、こちとらげ激甘猫撫で声のメロウなボーカルですから、もう困っちゃう。 そんでもってソウル/ファンク/ディスコでまっしぐらなんですから。

普通のディスコ・ミュージックなのかと思いきや、すごくコクのあるサウンドプロダクト。 リピートして何度聴いてても(そんなには)飽きないです。