カテゴリー別アーカイブ: 音楽

Barquinho (Maysa)

波乱万丈の人生を送ったことで知られる彼女にしては珍しく、つかの間の平穏時代に録音されたアルバム。それだけにその歌声にも穏やかさがあふれていて、素敵なボサ・ノヴァを堪能させてくれる。

魔性の女といわれた(笑)Maysa。 1961年リリースと言われたり1964年リリースと言われたりなこの作品は「つかの間の平穏時代に録音された」のだそうですけど、1曲めがあの「小舟」ですから驚いちゃう。 演奏はタンバ・トリオなんだそう。

内容はもう文句のつけようがないくらいによくて、オーケストレーションもゴージャスだし、Maysaのボーカルのドスの効き具合も素敵。 それとあいまっていいのがジャケット。

リオデジャネイロはポン・ヂ・アスーカルを背にして、ヨット(小舟)に佇む若者たちの写真。 こういうときに船頭は黒人だし、若者たちのうち絶対誰かはギターを持っているわけですが、まぁそれがいかにもブラジルって感じなんではありますが、この写真全体から漂ってくる不安感はなんなんだろうって。

ひとつ思うのが、当時・・・といいますかこれよりも相当あと・・・1980年くらいまで?の洋雑誌のグラビアが(これ毎回言ってるような気がするけどごめんなさい)、こういう色合いだったんですよね。 あと紙質もあったかと思いますけど、こういうね、日本っぽくない色合いと質が独特の「洋物感」なんですよ。 で、それがこう、明るくないんです。 基本曇った写真ばっかりな記憶しかないのですけど、たとえ晴れた写真だとしてもね、グラビアの質感的に曇って見えちゃうんですよ。

でもおかしいんですよね、これブラジルなんだもんね。

だもんでこれは(いくぶんは)曇った日に撮影されたんだと思うんです。 そして海もね、海の色も暗いんですよ。 なんかでっかいタコとかいそうなね、でっかいタコがサタンの化身でね、こう若者たちをがおー!って襲う的なね。 そういう不安感があるじゃないですか、あるだろ?あるんだよ!

・・・さておき、このジャケット写真はそんなこんなでぱっと見和気あいあいな雰囲気がありながらも、よくよく見ると不穏な空気があると私は感じて、それがMaysaの生涯に通じてたんだなぁって結論付けるのでありました。

Awakening (The Pharaohs)

アース・ウィンド&ファイアーのルーツがここに。モーリス・ホワイトも在籍したアフロ・ジャズ・ファンク・バンド、ザ・ファラオズが当時残した唯一のアルバムであり、シカゴ産レア・グルーヴ・アルバムの頂点に君臨する傑作がボーナス・トラック4曲を加えた完全版/紙ジャケット仕様で復活。

国内盤はボーナストラックがつくそうな・・・というのはさておき、なんや話によるとPharaohなんちゃらいうみなさんの中のホーン隊が、同じくPharaohなんちゃららしいドラマーのモーリス・ホワイトに率いられアース・ウィンド&ファイアーに参加した・・・と。 この辺というかこの人達はごっちゃごちゃになってよくわからないんですよね。

内容はドロッドロのアフロファンクを基調とし、いつ終わるともわからない演奏があったり、かといえば歌モノがあったり、アース・ウィンド&ファイアーに繋がるようなホーンばりばりのファンクナンバーありと、聴きどころの多い作品ではあります。 あぁ確かにレアグルーブの面もありますわなぁ。

Freedom Roadが「いかにも」感たっぷりでいいねぇ。

Arising (Short Cross)

70年代初頭に存在したアメリカのバンド Short Crossの(おそらく)唯一の作品は、70年から72年までの音源を収録してCD化されています。

一方ではサイケデリック・ロックと括られ、一方ではハードロックと括られ、ヘビーブルースサイケなんて言われ方もされ、このあたりは線引きがとても難しいところではあろうかと存じますけど、私個人の感想で申し上げましたら、サイケ臭はごくごく少なく、猪突猛進よろしくグイグイ疾走するハードなロックなナンバーの印象が強いのであります。 あー、ちょっと道を外したらディープ・パープルになってしまいそうなオルガンがね。

ただ一概にハードロックだと決めつけるわけにもいかず、他方演奏もしっかりしてて耳になじむので、ハードロック嫌いな人(私です)にもおすすめできそう。

・・・ブルースな曲もあるので、この当時にありがちなごった煮ジャンルのバンドってことでいいのかしらねぇ。

Antonio Adolfo E a Brazuca

名ピアニストにして作曲家、アレンジャーと、多岐に渡る才能の宝庫アントニオ・アドルフォ。ジャズ・トリオ3-Dでのキャリアを皮切りに、 ソフトロック、ファンクへも波及したブラジル・シーンにそびえる天才。こちらは、そのアドルフォ率いる70’s伝説のソフト・ロック・グループ、「ブラズーカ」名義の1971年セカンド・アルバム。2002年プレスの廃盤デッドストックCD!Julie(ジュリー)なる謎の♀vo.&コーラスをフューチャーした、ドリーミーなソフト・ロック・ナンバーM2「CLAUDIA」や、ブラジリアン・クラブ・クラシックスとして名高いM9「TRANSAMAZONICA」のオリジナル・ヴァージョンなど、メロウ・ライン~フォーキー~サイケと変幻自在なトラックを収録。ロック方面でも「ブラジルのロジャー・ニコルス」的志向と謳われるそのレイジーなサウンドは永遠!これぞ70’s ヴィンテージ・ブラジリアンのマスター・ピース。

こっちは2nd。 1stでのとっちらかった印象が晴れて、とても聴きやすくなっているような。 どういう内容かは↑を読めばじゅうぶんだと思うんですけど、補足と言いましょうか個人的な感想といえば…重複してしまう部分が多いんですけど、ブラジリアン・ソフトロックの系譜であると目新しい、男女混合コーラスというのが実に聴き心地よいんです。  コーラスが全面にでた、いわゆる歌モノとしての完成度が高く、その面で言えば1stの軽くサイケ入った混沌も捨てがたいのではありますけれど、BGMとして流すんであれば、やっぱり2ndかなと。

ちなみにそのTransamazonicaとはこういう曲であります

And It Came to Pass (Warm Dust)

ジャケットすばらしい(裏ジャケは予想通りで・・・)。 Warm Dustの1stは1970年の発表で、逆に言えばジャケットから音が想像しにくいかも知れないかも知れないかも知れない。

手数が多かったり、ブラスを使う、なぜかハモンド、ジャズっぽいと思ったらブルース調だったり、当時が当時ですのでサイケデリアの洗礼はばっちり受けているしと、すごく広く捉えればジャズロックだとは思うんだけど、そんなの軽くはみ出してしまい、それがかえって印象を薄くしているような気がしています。 プログレの系譜で語られることがあるのも、頷けるような頷けないような(フルートが影響を及ぼしているのかしらん)。

Adventures In Stereo

Debut album from former Primal Scream members Judith & Jim. Described as the Beach Boys meet Stereolab, and rightly so. 18 tracks: ‘Underground Sound’, ‘Cry Your Love Away’, ‘The Attic Walk’, ‘Summer High’, ’13th Floor’, ‘Airline’, ‘There Was A Time’, ‘Runaway’, ‘Good Times’, ‘Don’t You Worry Little One’, ‘When We Go Back’, ‘Flipside’,’When Times Were Young’, ‘Close To You’, ‘Remain Again’, ‘MyBuddy Go’, ‘Pretty Things’ and ‘We’ll Meet Again’.

プライマル・スクリームと言えば、ジーザス・アンド・メリー・チェインのドラムをボビー・ギレスピーがやってたことがあるなぁなどと、プライマル・スクリーム側から捉えることがこれまでなかったしこれからもないであろうけれども、Adventures In Stereoってプライマル・スクリームのジムさんのバンド(ユニット?)なんですね。 そんなAdventures In Stereoの1stは1997年発売だったそう。

これがまた不思議なCDで、ローファイ系とでも申すのでしょうか・・・やたら中途半端にぶったぎったサンプリングループをバックに(そうじゃないのもあるけど)、1分とか2分のガールズポップが奏でられていくというもの。

これが意外にハマるのでありまして、Warpレーベルに通ずるものがあるなぁと思ったり思わなかったり。

Along Comes Tandyn (Tandyn Almer)

Tandyn Almerという人はアメリカの人で、作曲家なんだそうで、なんと去年亡くなられたんだそうで。 Wikipediaを読みますってぇと、やれアソシエイションのどうしたとか、ブライアン・ウィルソンと知り合ってMarcellaだのSail On, Sailorだのって書いてあって、あらやだすごい人じゃないのさって話であります。

これはデモ音源なんだそうで、1965-66年に録られた、しかしながら作品化するんじゃなくて提供用に用意したものなのだそう。 その割にはしっかりアレンジもされちゃって、こういうと身も蓋もありませんがサイケ系ってアレンジ勝負の部分がありますので、その点でのみ言えばなかなかのものなのよ。

ただ、これはサイケというか、サイケ・ポップ。 更に言えばこれ、ソフトロックの範疇なんですよ。 すごく曲がいい。 なんならこのまま発売すればよかったのにって、今それ言うな的な。

デモ音源なんだそうですけど、ちゃんと録音されてますんで、誤解なきよう。

Amphyrite (Amphyrite)

Amphyriteという、おフランスのおバンドは、この1枚を1973年に発表しただけであとはどうなったか不明なんですけど、そもそもに200枚LPバンドと言われて、もっとプレスしたけど200枚しか売れなかったのか、200枚しかプレスしなかったのか、そのへんは不明。 たぶん前者じゃないかと思われ。

そんなウルトラレアな作品が2011年だかにCD化されたと。 奇跡のCD化だと言われたもんですよ(うそです知りません)。

内容はヘビーなサイケなプログレなジャズロック(を2.75くらいで割った感じ)。 トリオが織りなす音塊がもう、ちょっと音質が悪いのも相まってトゲトゲしく襲ってきます。 ギターはギャンギャン歪み、ベースはモリモリムクムク気持ち悪く弾いてるし(これがあんがいいい)、ドラムはやたらめったらに叩きまくってる。 リード楽器としてのギターが目立ちますが、M6のような「それはわざわざLPに収録しますのかい?」っていうのもあったり、やー取り敢えずなんか録っておこうや!?っていう不思議な意気込みが伝わってきます。 インプロっぽいパートが多めなのもそういう意図が反映されているのかしら。

ただ、やたらとテクニカルな部分を見せびらかす(聴かせびらかす)反面、ブルース臭が薄いのが興味深いです。 この辺がおフランスなのかしら、なんて思ったり。 ジャズロックに通じる場面もあり、その実プログレ一辺倒とはいえないところを補っている、やたらにがめつい作品ではありました。

ともあれ言えるのは、サイケだよこれ、っていうこと。

Action Speaks Louder Than Words (Chocolate Milk)

Originally formed as a four-piece in Memphis, Chocolate Milk released this debut album after relocating to New Orleans to become the house band for legendary producer Allen Toussaint. The title cut was a #15 R&B hit, reaching the Pop charts and providing the band with their signature song. The album also made the R&B Top 40.

ジャケットを見ると黒人さんなファンキー姉ちゃんがボーカルなんじゃないか?ってバンド名から勝手に想像しちゃうんですけどさにあらず。 ニューオリンズはメンフィスのバンドChocolate Milkの1st、1975年の作品であります。 この後何枚もアルバムを出しているんですなぁ。

ねちっこいんだ、これ。 アルバムを通してずぶずぶでねちょねちょなファンクなんですよグルーブなんですよ。 腰がうずいてしまいそうなとてもいやらしい音楽・・・。

Abbiamo Tutti Un Blues Da Piangere (Perigeo)

イタリアのジャズロックバンド「Perigeo」の2ndは1973年制作。 プログレの文脈から語られることが多いのは、もう3654236回くらい書いているかもしれないし、書いていないかもしれないので定かではありませんが、ユーロ・ロックの筋から辿ることはきっとアリだと思います。 これがマーキーだったかフールズメイトだったかで紹介されたかは・・・あ、今度手持ちの資料を処分しますので、できるだけ早いうちに調べておきますよー。

ジャズロックっていうジャンルが好き(もう324587回はゆっとる)。 私はジャズが苦手で、ロックは嫌いなんですけど、ジャズロックはその中和的存在なんですよね。 だからカンタベリー系は無条件で好きだったりもするんです。 おいしいどころ取りだなおい!って思う反面、昔からこういう傾向のカテゴリーがあって嬉しいわけですん。

わけでする。 ←懐かしい言い回しをしてみた(と、ガムラン聴きながら書いてます)

ところでこれって前半はボーカル含なんですよ。 ボーカル入ってんですよ。 しかもおっさんでね。 だがしかし、イタリアでジャズ系のロック系でフリーダムでってなると、ほらほらいくつかバンドが挙げられるじゃん? やたらとうまいボーカルが超絶技巧のバンドを「おらがバックバンド」化しちゃうやつ。

それがいいんですよね。

ジャズロックの歌ものは、コバイア語で歌うんでもなし、地球レベルで言えばイタリア物で間違いないです。 カンツォーネですから!(←) 歴史が語ってるもの。

語ってるかどうかは知らねぇです。