今日の庭、と犬


私も世間と同じくこの3連休を迎えることができて、そりゃもう寝て寝て寝まくったところであります。 もう連休も終わりかぁ。 あんまり寝過ぎて何が何だかわからない感じ。 でもとりあえず朝だけは早く起きちゃう。

気象庁によりますと関東甲信越は19日には梅雨明けしたんだそうですね。 もう長野県伊那市だってドえらく暑く、妊婦アカネなんてひーひー言ってますし、私もそうだしこのサイトのサーバもウォーウォーとファンが回ってます。 そうそう今年の暑い日って言いますとソフトバンクショップまわりとか量販店まわりなんかをして何とかiPhoneをゲットだぜ!的な風潮があったりなかったりなんですが、私と言えばこないだ他の用事のついでにソフトバンクショップなんぞに行ってみましたらね、全然入荷していないんだそうですよ。 50人くらいの予約待ちがあるんですって。 という事で、諦めました。 iPhoneはそのうち買うっていう事にしますです。

2008072102
2008072102 posted by (C)padmacolors

さてさて我が家の庭ですけど、こんな風に草ボーボー状態です。 この連休で草むしりとかしようと思っていたんですが、もう疲労困憊で寝まくっちゃった故、放置状態。 それでもキュウリはバカみたいに実るので、それだけはちまちまと収穫しております。 あ〜この写真見ると、なんとかしなくちゃって思います。

2008072103
2008072103 posted by (C)padmacolors

これはなんなんだろう。 カボチャの苗って事で植えたところから伸びたものから生えてるんですが、ちょっとカボチャには見えないんですよね。 いじけた冬瓜みたいなフォルム。 これも放置だ。 そのうちなんとかしよう。

2008072104
2008072104 posted by (C)padmacolors

先日バッサリと剪定したブラックベリーは、隙間からちょこちょこと枝が伸び始め、完全に季節外れながらも花が咲き、今では実がつき始めてます。 もぉこれも放置だ今年は。

2008072105
2008072105 posted by (C)padmacolors

ハーブなコーナーでは、ミニ人参が先月からず〜っと花を咲かせてます。 このミニ人参、去年植えたのを放置したら今年芽が生えてきて、移し替えたもの。 私は人参のこの幾何学チックな花が好きで、泥酔すると眺めて目を回しています。 ただこれ、すげー虫がつくんですよね。

2008072106
2008072106 posted by (C)padmacolors

ウチで飼っている犬。 本来は毛がふさふさな雑種。 なのにこうなってしまったのは、首回りをごらんくださればわかりますとおり、包帯が。 なんでかっていうと先々週から首のあたりに皮膚炎を発症してしまいまして、何度か獣医さんに診てもらうも、その包帯をむしってガリガリポリポリしちゃうもんですから、なんか範囲が広がっているような。 そんなこんななんでとりあえずは毛を全部刈ってしまおうと。 その結果がこれです。 一昨日刈りました。

という感じです。 今日も暑くなりそうだなぁ。 そうそう、きょうは「さまぁ〜ず祭り」ですねぇ。

CotEditor 0.9.5


Mac OS X用テキストエディタ「CotEditor」が0.9.5にバージョンアップしておりました。 愛用させて頂いております♪

新機能として下記の3つがあります。

  • カレント行をハイライト表示する機能を追加
  • ステータスバーおよびドローワの文書情報に行頭からカーソル位置までの文字数を表示する機能を追加
  • スクリプトメニューをコンテキストメニューにインライン表示する機能を追加

その他変更や修正がありますが、特にドラッグアンドドロップ時の行末コードについてのバグを修正しています。アップデートをお勧めします。

との事。 おー「ドラッグアンドドロップ時の行末コードについてのバグを修正」ですって。

ATOK 2008 for Macをインストール(egbridge Universal 2が外せなくて)


ATOK 2008 for Macが届いたので(諸事情あってダウンロード版じゃなかった!)、早速インストールしました。

インストールしてシステムを再起動して、長年使ってきたEGBRIDGE(egbridgeの、今やUniversal2)をあうんインストールするどうこうの前には、先ずは選択肢から外そうを思いきや、どうすればいいの???

2008071803
2008071803 posted by (C)padmacolors

システム環境設定の「言語環境」から、あれこれをスルーして「ことえり」まで行きましょう。 そしたらチェックボックスは選択可能。 チェックしたり外したりすれば、上に戻ってEGが外せるようになります。

そうすると本来のATOKワールドになりますねぇ。

そのATOKワールドが今やMac版でどうかっていうのは今後、問題がありさえすればエントリーします。

ともあれ、これで私の環境はWindowsでもMac OS XでもATOKネイティブになりましたぁ。

CPUの温度とファン


あ〜毎日信じられない位に暑くて、これでもまだこっちでは梅雨明けしていないっていうから驚きなんですけど、こうなるとパソコンがどうなっちゃってんだろうと知りたくなるのが普通で、特にCPUなんて絶対にアチアチなんじゃないかって思うのであります。 また、CPUファンなんかもいつもより多くグルグル回っちゃってんじゃないのかとも。

夕べ、ふとMac miniのファン回転速度を見たら3000前後になってました。 慌てて寝室のiMacのそれを確認したところ1200とかだったんで(それはそれで多いけど)、いくらなんでもMac miniさん、働き過ぎだよ、と。

となると、すぐ横にあるWindowsマシン(デスクトップ機)はどうなんだろうと思ったは思ったんですが、つーかWindowsXPでそういうのってどうやって調べるの?みたいなレベルの話でありましたから、取り敢えず調べてみました。 ら、Intelからそのものズバリの「Intel Desktop Utilities」がリリースされているんですね。

インストーラがヘボかったり(じゃないくて、その前の解凍部分がヘボいのか)、インストール後にシステム再起動をしなくちゃならなかったりと、そこまでしてっていう事なのかと考えつつも、このスクリーンショット1枚を作る為だけにインストールしたようなしないような。

2008071801
2008071801 posted by (C)padmacolors

そんなに熱くないんですCPU、ファンもそんなに回っていない。

それが同時刻のMac miniですとこうなるんです(iStat menusというユーティリティーを使用)。

2008071802
2008071802 posted by (C)padmacolors

Windowsのよりもスペックは劣る(Core2Duo 2GHz / BUS 667MHz)のに、なんでこうも熱いかねって。 ちなみにスクリーンショットを撮った後、何故かCPUの温度が70℃まで上がりました。 なんか危険信号です!危険信号で〜す!(笑)

同じ朝の6時とかで幾ら室温が30℃だとは言え、こんなに差があるというのもどうかなぁって。 Mac miniってそんなに放熱処理が甘いのかなぁ...どころじゃないよ、幾ら何でもこれは酷くないか?...と。 これであれば早く壊れるよなぁと痛感しちゃう程。 ちなみに慌ててMac miniの下に単行本を敷いてみましたけれど、全然効果ありません。

まぁWindows機の方はそれなりに放熱処理をしているからねぇ、あの数値で当たり前なんだけど、それにしてもMac miniはなぁ。

Volume 1 (Wooden Shjips)


The Wooden Shjips earliest material was released on vinyl, pressed in small quantities that were either free or hard to come by and are now hopelessly out of print. Who are we to keep you away from the rush of Shrinking Moon for You? Vol. 1 collects all the tracks from the free 10-inch, the Dance, California 7-inch, and the SOL 7-inch. The band will be out playing live, in their own nimble way, this spring and summer, road-testing new material for their next record.

Wooden Shjipsという、サンフランシスコのサイケバンド。 その、もう廃盤になったシングル(ヴィニールだったそうなんだ!)を集めたCD。

Spacemen3を引き合いに出すところに現在のサイケバンドの評価が伺えるところ(もういいだろそろそろ!という気持ちが私にはあります)なんですけど、しっかりとしたネオサイケの踏襲がここにはあります。 その意味でオールドサイケのファンには評価を二分させざるを得ない筈だと考えました。

いや今日暑いですよね。 ここ長野県伊那市でも、全く冷房設備の無い部屋では35℃とかあります。 そういう場所で「敢えて」聴くには最適な、もうどうしようもない位のサイケ野郎な1枚がこれ。

夏に鍋焼饂飩みたいな、どういう基準だか分からないシチュエーションってあるんですが、もうたまらなく暑苦しいサウンドをこれでもかこれでもかと寝技宜しく展開してくれちゃうこの潔さ。 その「潔さ」はこれまた翻って暑苦しい部屋にわざわざ居るって離れ業を敢行しないと難しい昨今ではあり、これを行う意味が最近の新日本プロレスの如く必要なのでありまして、それを踏まえて(踏まえるな!)聴いているんです。

いいぜ、パートナー(妻)が、あ〜アカネだけど、彼女をして

機械壊れた!?

と言わしめましたからだものさ。

ただ、Spacemen3とは確実に違います。 だってSpacemen3は聴く毎に「寒く」なるんだもんし、その意味でスペ3なんかは今の季節向けなんですから。 でも今はこれですよ。

暑いサイケだぜ、これ!いぇぃ!