書籍

談志が死んだ(立川 談四楼)

その死は弟子たちにも伏せられていた。立川談志、享年七十五。この不世出の落語家に入門したのは十八歳の春だった。それから四十年近く惚れ抜いた師匠から突然の破門宣告。「てめえなんざクビだ」。全身が震えた。怒りの理由が分らない。振り回され、腹を立て、やがて気づいた。大変だ。壊れてるんだ、師匠は――。偉大な師匠(おやじ)の光と影を古弟子(せがれ)が虚実皮膜の間に描き尽す傑作長篇小説。

談志そのものよりも彼のお弟子さんが好きでして。 というか、談志のお弟子さんにくらべると本人はどうなのかな、って思ってしまう本末転倒ぶりな私ではあります。

だとすれば、お弟子さんが書いたお師匠の話はおもしろくないはずがない。 それにしても破天荒なおじいさんであります。 小説向きの人だ。