書籍

酒にまじわれば(なぎら 健壱)

雪見酒、叱られ酒、幻の酒、悪魔の酒、見せ酒、ハシゴ酒…(いずれも目次より)。酒にもいろいろあるけれど、飲まずにいられないのは皆同じ。今日も酒場を漂流する著者の、おかしさと哀しみに彩られた酔い心地を追体験できる名文の数々。なぎら健壱の酒エッセイの最高傑作!オリジナル(蔵出し)原稿も収録。

おもしろかった。 著者の他の作品も読みたい・・・っていうかなんか読んだ気もするけど、なにしろこれは楽しく読了した。 しいていえばヤな店をけなすのがアレだけど、そういう店はたいがい後日「消えてなくなっ」ているので良しとしたい。

それはさておき、著者と言えば「チンカチンカのルービー」であるが、その実芸人さんが「いかにも言いそう」だっていうことで言ったものなのだそうで、本人は言ったこともなかったのだそうな。

知らなかった。 そうだったのか。