音楽

Captain Ganja And The Space Patrol (Tradition)

思うにUKレゲエ(ラヴァーズロック)/ダブは本家よりも聴きやすい。 というかラヴァーズロックはとても聴きやすいレゲエだ。

Traditionは70年代後半から活躍したUKベースのレゲエバンドで、RCAに残したラバーズ・ロックなアルバムよりもVentureに残したダブ盤が強烈なインパクトを放っています。 なにせダブですから。 いや、ラバーズ・ロックなのもいいんですよ。 んでしかも本作、そのスペーシーなダブっぷりが美しくもシラフではありえず(キャプテン・ガンジャですから)、どんなダブ盤よりも秀でている、恐らくは世界最高のダブかもしれないです。

なんならすべての作品をCD化して欲しい。 どうしてCD化されないんだろう。 本当にもったいないことです。

1980年代UKダブ最高峰アルバムが何とここ日本で世界初CD化の快挙!
トラディションの最高傑作且つ激レアな幻のダブ・アルバムが奇跡のリイシュー!

UKラヴァーズ、ダブが花開いた1970年代後半から80年代にかけてUKで活躍した人気グループ、トラディション。甘い歌声でメロディアスなラバーズロックを展開した彼等はメジャーデビューも実現し数々の傑作アルバムを残したが、同時期に平行して彼等がインディーレーベルVENTUREに残したダブ作品は80年代のUKダブ作品の中で最も美しく、そして最も入手困難な作品としてUKダブ・フリーク垂涎のコレクターズ・アイテムとして知られている。特に80年に発表された本アルバム『CAPTAIN GANJA AND THE SPACE PATROL』は彼等のダブアルバムの最高傑作とされ、現在ではレゲエファンだけでなく、バレアリック方面のDJにも高い評価を得ている。2017年春にトラディションのBASS 1 ENTERTAINMENTとレーベルBOKEH VERSIONSがメンバー協力の下、共同で限定復刻したアナログ盤はわずか4日でソールド・アウト、現在でもその世界的な人気ぶりを表している。
今回その奇跡のダブアルバムがメンバー公認で何と日本で世界初CD化の快挙を実現! 更にCDには「The Breathtaking Blast」のもう一つの別バージョンとも言えるシングル・オンリーの人気メロウ・ダブ・トラック「Tradition’s Overture」も追加収録!
2017年のレゲエ/ダブ復刻の最も話題の作品です! !