カテゴリー: 書籍

書籍

渋谷音楽図鑑(牧村 憲一、藤井 丈司、柴 那典)

渋谷にはそんなには行かなかった。 初めて行ったのは高校生の時か。 もちろんレコード(CD)を買いに行ったのではあったけれど、住んでいるところからは遠いっていうのと、理由はもう一つある。 私はどちらかと言えば新宿派。 スク …

書籍

酒にまじわれば(なぎら 健壱)

雪見酒、叱られ酒、幻の酒、悪魔の酒、見せ酒、ハシゴ酒…(いずれも目次より)。酒にもいろいろあるけれど、飲まずにいられないのは皆同じ。今日も酒場を漂流する著者の、おかしさと哀しみに彩られた酔い心地を追体験できる名文の数々。 …

書籍

対談 杉浦日向子の江戸塾

プロポーズは女性から、いざというときはレンタル・ブティックが活躍、江戸流・鮨の食べ方とは。江戸風俗研究家の著者が、宮部みゆきや北方謙三ら6人の仲間と共に案内する「ワンダー・ランド江戸」。 かなり古い版であり、単行本だの特 …

書籍

『イムジン河』物語 〝封印された歌〟の真実

ザ・フォーク・クルセダーズのレコード発売中止騒動から半世紀。当事者が明かした「本当の舞台裏」。歌の復活劇を描く渾身のドキュメント! 母国「北朝鮮」で忘れ去られた歌に命を与えた日本人、魂を揺さぶられた拉致被害者、数十年も「 …

書籍

夜叉の瞳 (少年サンデーコミックススペシャル―高橋留美子人魚シリーズ 3)

このエントリーの続き。 これで物語として完結するわけではないのでした。 でも(我が家にあるのものとしては)「舎利姫」を除いた2話4編はこれまででもっとも気味の悪いものでありました。 なんていうか救いがなくてもう。