カテゴリー: 書籍

書籍

人魚の森・人魚の傷 (高橋留美子)

人魚の肉を食べたために不老不死となり、行くあてもなく旅を続ける湧太と真魚。ふと立ち寄った名も知れぬ小さな町に「人魚の森」と呼ばれる場所があった。そう、ここにもまた「人魚」の伝説が…。 引っ越しをして1年ちょっと経ち、相当 …

書籍

ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで

28年間に渡り放送された「鬼平犯科帳」。その人気の秘密を番組スタッフのプロデューサーから殺陣師や録音技師、美術監督などに直接インタビュー。今の世で正統的時代劇を放送する上での、苦労話、ここだけの話、内緒の話がテンコ盛り。 …

書籍

るーみっくわーるど(高橋留美子)

「高橋留美子短編集」と銘打たれた単行本を、そういや20年くらい前から目にしている。   思い返せば小学生の時、うる星やつらのテレビの第1回のを観て以来、ビューティフル・ドリーマーまでは真剣に追っていたところであ …

書籍

光る風(山上たつひこ)

興味を持ったときには市場に出ておらず、ラストの軍隊の行進のシーンの一コマだけ見て衝撃を受けたままオトナになったものです。 その後、古本屋でサンライズ版だったか(忘れた)を見かけるも、全巻揃い3,000円とかとても手が出せ …

書籍

砂とアイリス 3

長瀬なぎさは、発掘をこよなく愛する研究者の卵。優しい彼氏とは順調だが、梶谷先生とも急接近。移ろう季節。つかず離れずだった関係は、次第に濃密に。恋と発掘ライフはどこへ進む──。 2年ぶりの3巻目。 不倫だ二股なんだと言われ …