シマンテックストア  DELL ノート Inspiron  DELL デスクトップ Inspiron  トレンドマイクロ・オンラインショップ

GmailのSMTPを使う(のと、Gmail覚え書き)

delicious はてな この記事をクリップ! | 2007年08月23日11:26 | 編集

.- link -

 ここのところGmailを使う機会が爆発的に増えたので、あれこれとメモ。 単なるWebメールだけに留まらないGmailでありますが、反面あれこれ出来ちゃうのでどっかに備忘録を書いておかないと年寄りは物忘れがひどくて...。

以前はGmailのアカウントを取るのに難儀したものですが、今では簡単に取得出来ちゃうんですよね。 勿論Googleアカウントを持っていれば、ものの数十秒で取得出来るのですが、ここでは備忘録としてGoogleアカウントすら持っていな状態として話を進めます。

今回、検証用に「padmasample」というアカウントを取得してみます。 尚、この記事の公開時に、この検証用アカウントは抹消しておりますのでご了承下さい。



--

http://mail.google.com/mail?hl=ja にアクセスしますと、右下に「Gmailアカウント登録」っていう大きめの青文字太字のリンクがありますんで、クリック。

すると、あれこれとGmailのアカウントを作る為の入力画面になりますので、入力します。 「希望するユーザー名」欄の下に「使用可能かを確認する」ボタンがありますので、取得しようとするアカウント名が既に取得されているかどうかチェック出来ます。 アカウント名を入力してボタンを押し、それが空いていれば

****(アカウント名)は使用出来ます。

と表示されます。

「予備のメールアドレス」欄は取り敢えず空欄で構わないと思います。

んで、利用規約とプログラム ポリシー、プライバシー ポリシーに同意しましたら「同意して、アカウントを作成します」ボタンをクリックです。

画面が切り替わり、「Gmail の登録が完了しました」から始まる画像込みのあれこれなページになります。 これでアカウントは作成されております。

http://mail.google.com にアクセスします。

--

作成したアカウントを使ってメールのやり取りをするのがGmailの本道なのですが、Gmailには

・SMTPサーバがある
・別のアカウントも扱える

っていう素晴らしい機能がありますので、これを使わない手はありません。

・自宅サーバを稼働しているのだけれども、自分のところのSMTPサーバの負荷を減らしたい
・OP25B(Outbound Port25 Blocking)のせいで、プロバイダから提供された以外のメールアドレス(例えば独自ドメイン)からのメール送信が出来なくなった、或いは出来辛い、或いは問題がある
・リターンパスにGmailと表示させたい(←これは変な人)

こんな問題の解決に繋がりますですね。 特にOP25Bの問題はあれこれと厄介で、プロバイダのSMTPを使う場合でも、あれこれと問題が発生する場合がありますです。 同一ドメイン内のメールアドレス同士でメールの送信が出来ない、とか。 えっと・・・

Your message was not delivered because the return address was refused.The return address was (送信メールアドレス)

なんてエラーメールが返ってきて送信出来ない、なんていうのですね。

そういう時はプロバイダなんてアテにせずに、GmailのSMTPを使いましょうっていう話です。 んで、CATV系プロバイダとかでそれすらダメな場合、安心して他の(CATV系じゃない)プロバイダに乗り換えましょう。 一般的にCATV系プロバイダは規制だなんだが多過ぎますですね(外部からFTPに接続出来ないとかねぇ)。

さて、GmailのSMTPを使ってGmailアカウント以外のメールアドレスからメールを送信する方法ですが、幾つかパターンがあります。

・Gmailの画面上で送信
・メールアプリで送信(受信先へはGmailアカウント)
・メールアプリで送信(一般的な送信)

一番最後のがゴールです。

--

Gmailにアクセスしますと、画面の右上に「設定」リンクがありますのでクリック。

タブがありまして、最初は「全般」でありますので、その右の「アカウントの設定」をクリック。

作成したGmailアカウントが真ん中に表示されていますが、そのすぐ下に「他のメールアドレスを追加」をクリック

こんな小窓が開きますので、メールアドレス欄にSMTPを使いたいメールアドレスを入力します。 ここでは試しに私のドメインのメールアドレスを入れてみます。 「次のステップ」ボタンをクリック。

メールアドレスが追加されましたので、所有者確認のためにGmailからこのメールアドレス宛に確認メールが送信されます。 「確認メールの送信」をボタンをクリックします。

確認メールはすぐに届きます。 届かない場合、メールアドレスの入力ミスが考えられますのでご注意を。 

お客様の Gmail アカウントに info@padmacolors.org を追加するリクエストを受け取りました。
確認コード: 9163228

Gmail アカウント (padmasample@gmail.com) から、差出人を info@padmacolors.org
としてメールを送信するには、次のリンクをクリックしてリクエストをご確認ください。

http://mail.google.com/mail/f-895be6453-info%40padmacolors.org-d293edcb512d43c9

リンクをクリックしても機能しない場合は、ブラウザで新しいウィンドウを開き、このリンクの URL
を貼り付けてください。リンク先にアクセスできない場合は、Gmail アカウントにログインして、ページ上部にある [設定]
をクリックし、[アカウントの設定] タブを開いて、[名前] セクションで追加するメール アドレスを探します。次に [確認]
をクリックして、確認コード「9163228」を入力します。

小窓に確認コードを入力するか、長ったらしいリンクをクリック(またはコピーしてブラウザのアドレスバーにペーストしてアクセス)します。

ここまでで、Gmail画面からGmailアカウント以外のメールアドレスによるメール送信が出来るようになりました。

--

もうちょっとGmail画面で設定をしましょう。

後でメールアプリからGmailのSMTPを使ってメール送信を行えるようにするのですが、GmailのSMTPを経由する手前上、送信したメールがGmailの「送信済みメール」コーナーに保存されてしまいます。 これですと延々と蓄積されてしまいますから、「送信済みメール」ではなくてゴミ箱に移動するようにします。 ゴミ箱は30日を過ぎたものから削除されていきますので、Gmail画面を見る機会がぐっと減りますですね。

「設定」から「フィルタ」をクリックして、「新しいフィルタを作成」リンクをクリックしますと、上にフィルタの内容が表示されます。

「差出人」欄に、送信メールアドレスを入力し、「次のステップ」ボタンをクリック。

「削除」にチェックを入れます。 削除、とありますが、実際には「ゴミ箱へ移動→30日後に自動削除」という訳です。 そして「フィルタを作成」ボタンをクリックします。 これで完了。

--

ここまででGmail画面にて行う作業は完了しましたので、次にメールアプリの設定を行います。

えっと、メールアプリから、GmailのSMTPを使ってメールを送信する、という話です。

こういう場合、Outlook Expressを例に取るんでしょうねぇ。 でもGyazMailっていうMac OS X用メールクライアントを使って説明しますね(ぉぃ)。

メニューバーの「GyazMail」>「環境設定...」を選択しますと、環境設定ウインドウが開きますので、「アカウント」アイコンをクリックします。

右にある「新規...」ボタンをクリック。 現れるシートダイアログの「アカウントの種類」は「POP3」のままで構いません。 OKボタンをクリック。 または、既存のメールアカウントをダブルクリック。

各項目を入力します(既存のメールアドレスの場合は、既に入力済みですね)。

そして、「送信用メールサーバ」はプルダウンメニューから「サーバを追加...」を選択します。

新規に送信用メールサーバの設定ウインドウが出ますので、サーバ名を「smtp.gmail.com」とします。

「認証」プルダウンメニューから「SMTP認証」を選択。

「次の設定を使用する」ラジオボタンをチェックし、「アカウントID」にGmailのメールアドレスを、「パスワード」にGmailのパスワードを入力し、「パスワードを保存」にチェックを入れます。

「詳細」欄の「保護された接続(SSL)を使用する」にチェックを入れ、右のプルダウンメニューは「STARTTLS」を指定します。

「ポート番号を変更する」にチェックを入れ、「465」もしくは「587」と入力します。

OKボタンをクリックして設定を全て保存して下さい。

これで作業は完了です。 メールはGmailのSMTPサーバを経由して送信されるようになりました。

実際にメールを送信し、受信してヘッダを読んでみるとわかりますが、Googleを経由していますのでReturn-PathがGmailアカウントになっている他は、Fromも既存のメールアドレスになっている筈です。

上にて、Gmailの画面上で既存のメールアドレスの設定を行いましたが、これは省略する事も可能です。 が、この場合、From欄がGmailのメールアドレスになってしまいます。 ですので、Gmail上で既存のメールアドレスを追加する必要が出てくる訳です。


Search

Archives

Contact

■Administrator
padmacolors@gmail.com

■Akane Miyashita
akane.padma@gmail.com
イラスト、デザインのお仕事を承ります!

フィードメーター - padma colors / 

スカウター : padma colors / 

(C) 1997-2014 padma colors All Rights Reserved. Powered by Movable Type. RSS feed